親カテゴリー: Definition of Life, 社会, Biology.

Meta-Biomimicry

If human is part of Living System and is one itself, so what are General Principles to mimic when designing a human world?

YAML 問題

A human is part of nature. So, I'm curious what would be a more natural way to design a human world (because it's all made up)?

What general principles could be copied from nature and transformed into philosophies, design frameworks, cooperation mechanisms and so on that would make a human world more inclusive?



洞察

Living Systems principles:

Self-Organisation

Networks that look like Fractals








投票 (不必要) (通知しない) (不必要)
ログインしてください。

私は、L。マーギュリスが、異なる種の生物が長期間一緒に暮らすこととして共生について語る方法が好きです。では、共生はどのように起こるのでしょうか?これを人間の世界(社会)にどのように適用できるでしょうか?社会にどのように役立つことが広がるのでしょうか?バクテリアの世界にもサブ質問を追加しました。

I like how L. Margulis talks about symbiosis as living together of organisms from different species for a prolonged period of time.

So, how does symbiosis happen? How can this be applied in a human world (society)?

How could helpfulness spread in society?

I added sub-questions also on the worlds of bacterias.


さて、ジャングルの世界をやみくもにコピーすることで、ジャングルを手に入れることができます。自然を盲目的にコピーすることは、真に革新的ではないので、メタ生物学的には、自然の例を、最終的な答えとしてではなく、類推やヒューリスティックによる思考のインスピレーションとして使用することは理にかなっていると思います。純粋に生体模倣の方法をとると、飛行機が羽ばたき、船が尻尾を振ってしまいます。 「一般原則」について-どのくらい一般的ですか?自然の最も深いレベルでは、私たちが逃れることのできない物理法則があります。それらは与えられたとおりにあります。それらはこの世界で何が可能かを教えてくれます。そして私たちのコンピューターを持った人生も私たちもすべてを試していませんでした。それらの一般法が許す可能性。 (それは良い質問です。)//では、共生はどのように起こりますか?私が理解していることから、それは相互に有益な関係に発展する偶然の有用性として起こり、貿易関係のようにニーズと能力の確率分布が一致するにつれて自然界で散発的に発生します:例えば、チドリの鳥はワニの歯をきれいにし、食べるようになります歯の間の食べ物(自然な取引です!)、および信頼の特定の障壁は、時間の経過とともに意識的または無意識的に進化して達成されます。イルカと人間の共生の楽しい例:共同釣り。したがって、共生は、設計上の決定ではなく、複数のプレーヤーの世界または市場の現象です。ある意味で、貿易は一種の進化した共生であり、人類はすでにそのアイデアを使用しており、高度な成行注文マッチングエンジンを通じてそれを自動化しています。私たちは「共生の仕方」ではなく「貿易を最大限に柔軟かつ公正にする方法」に問題を抱えており、栄養素の市場として機能する生物の血液と、何兆もの細胞が資源を交換している代謝物ですが、貿易命令はそこには存在せず、それは谷や川のようであり、いくつかの神経ホルモン調節があります。 脳梁は、左半球と右半球の間の一種の神経信号交換であり、左右の半球の参加を調整して単一の精神を形成すると考えることができます。そして興味深いことに、東と西は、サプライチェーンを切り離して中国と米国を通る同様のルートを進んでいるようです。 (なぜ左右の半球は彼らのことをするために仲介者を必要とするのでしょうか?(1つは論理的で、もう1つは芸術的です)おそらく、異なる操作モードは異なる「政治システム」を必要とし、次に仲介者(脳梁のような専門市場)結局のところ、それは(バイオミミックを介してかどうかにかかわらず)解決策がどのように見つけられたかではなく、解決策がどれほど優れているかではありません。より多くの「偶然の相互有用性」を実現するために世界の市場を再設計することは、重要な質問かもしれません。アイデアをさらに考え、リンクするための良いカテゴリー:)

Well, by blindly copying the world of jungle, we'll get jungle. Blindly copying nature we would not be truly innovating, so, meta-biomimicriously, I'd think it would make sense using nature's examples as inspiration for thinking by analogy and heuristics, not as the final answer. If we'd go purely the bio-mimicry way, we'd end up with airplanes that flap their wings, and ships that wag their tails.

Regarding the "General Principles" -- how general? At the deepest levels of nature, there are the laws of physics, that we can't escape from, they are just there as given: they tell us what's possible in this world, and neither life nor us with our computers had tried out all the possibilities that those general laws permit. (It's a good question.)

// So, how does symbiosis happen?

From what I understand, it happens as coincidental helpfulness that develops into a mutually beneficial relationship, and occurs in nature sporadically as the probability distributions of needs and capabilities match up like in trade relationships: e.g., plover bird cleans alligator teeth, and gets to eat pieces of food between the teeth (a natural trade!), and certain barriers of trust are achieved either consciously or subconsciously evolved over time. A fun example of symbiosis between dolphins and humans: cooperative fishing. So, symbiosis is a phenomenon of a world or market of multiple players rather than a design decision.

In a sense, trade is a kind of evolved symbiosis, and humanity already uses the idea, and even automates it through advanced market order matching engines. We're having a problem not "how to do symbiosis", but "how to make trade maximally flexible and fair", and I know no examples in nature of that except, perhaps the organism blood, that serves as a market of nutrients and metabolites, with trillions of cells exchanging resources, but the trade orders do not exist there, and it's more like valleys and rivers, with some neuro-hormonal regulation. Corpus callosum could be thought of as a kind of neural signals exchange between left and right hemisphere, coordinating the participation of left and right hemisphere to form a single mind, and interestingly, East and West seem go a similar route through China-US decoupling the supply chains. (Why would left and right hemisphere would need a mediator to do their thing? (one being logical, another artistic) Perhaps because different modes of operation requires different "political system," and then a mediator (a specialized market, like corpus callosum) to integrate their results. Did we bio-mimic, or re-invented this ourselves?

After all, it's not how the solution was found (via bio-mimic or not), but how good the solution is. Answering a question of how to redesign world's markets to make more "coincidental mutual helpfulness" happen, may be an important question.

Good category to think and link ideas further :)



    : Mindey
    :  -- 
    :  -- 
    

--Mindey,

Lynn Twistは、私にPlenty-Thinkingについて考えるように促します。誰にとっても十分であるのに対し、一部の人々は取り残されるでしょう。

Lynn Twist inspires me to think about Plenty-Thinking: there's enough for everyone vs some people will be left behind..


映画「SymbioticEarth」から、次のことに気づきました。-相互依存性-全体性-フィードバックループ-飛躍-リサイクル(すべてが再利用されます)

From "Symbiotic Earth" movie, I noticed the following:

  • Interdependence

  • Wholeness

  • Feedback Loops

  • Leaps

  • Recycling (everything is reused)


[Mindey]、MRSGRENのアイデアの場合と同じように、Living Systemsの原則を見つけて4つのリストにまとめるにはどうすればよいですか?

[Mindey], how could I discover and organise Living Systems principles into a list of four as you did for MRSGREN idea?


[ルタ]まあ、レシピがどれだけ正確かはわかりません。スティーブン・ウルフラムが言うように、洞察に到達するために計算全体(つまり、思考プロセスの進化全体)を通過する必要があるものもあり、近道はありません。そうは言っても、MRSGRENにコメントするときに、私がどのように考えたかの概要を示しました。あなたも同じようなことができると確信しています。

[Ruta], well, I'm not sure there's a recipe how exactly. As Stephen Wolfram says, some things just need to go through entire computation (i.e., or entire evolution of thought process) to arrive at insights, and there are no shortcuts. That said, I've provided a rundown of how I thought, when commenting on MRSGREN. I'm sure you can do something similar.


Mansoor Vakiliの執筆から、私は生きているシステムの次の振る舞いに気づきました:-カオスとランダムネス-自己組織化-フラクタル(パターンはすべてのレベルで繰り返されますシステムとネットワークを形成し、全体として)-ネットワーク(より高いレベルの目標はより低いレベルの目標を通知し、インテリジェンスとして)-最小限の労力(単純な方程式を持つ複雑なシステム)そして次の生活システムのパターン:-シンプルさ-柔軟性-品質-相互依存性「システム思考とは、統合的、直感的、全体論的、接続性などの関係、保全、協力、品質、パートナーシップ、柔軟性、観察、資産管理などの価値、および観察、前向き、寛容、寛容、寛容などの心の状態に関するものです。平和で希望に満ち、無条件の愛を実践している」と語った。 〜Mansoor Vakili

From Mansoor Vakili writing, I noticed the following behaviours of Living Systems:

  • Chaos and Randomness

  • Self-Organisation

  • Fractals (a pattern repeats on all levels of a system and forms a network, as a whole)

  • Networks (higher level goals inform lower level goals; and as intelligence)

  • Minimum effort (complex systems with simple equations)

And the following Patterns of Living Systems:

  • Simplicity

  • Flexibility

  • Quality

  • Interdependency

"Systems thinking is about relationships such as integrative, intuitive, holistic, connectedness; values such as conservation, cooperation, quality, partnership, flexibility, observant, asset management; and state of mind such as being observant, positive, forgiving, tolerant, peaceful, hopefulness and practicing unconditional love." ~ Mansoor Vakili


Mindeyは、主なパターンは要素とセットであると言います。

Mindey says that the main patterns are elements and sets.