親カテゴリー: Meta-Biomimicry, 科学と研究.

Application of Fractals in Society

What is a practical application of Fractal Geometry?

YAML 問題

I watched a movie on Fractals. It seems to me that such thinking is useful when creating new technologies. But I wonder beyond that.


子カテゴリはありません。






投票 (不必要) (通知しない) (不必要)
ログインしてください。

私たちはStruppiで素晴らしい探検をしました! 磁石としての球とベクトルと、それらがどのように相互に接続して安定した構造になるかを試してみました。

ノート:

-最小システムとして2(「他者なしでは自分自身を知ることはできない」)

-内側/外側/境界としての球体(「私たちは共有された空気であるため、人間と自然の間に境界はありません」)

-多くの形(ポリフォーム)を持つ生命

-多中心構造(「誰もが宇宙の中心になることができる」)

-バランスの取れた関係としての三角形(立方体および四面体としての小さな球の例)。

引き続き調査を行い、さらに進んでいきます。シナジェティクスの一般原則を採用し、四面体が基本構造と立方体の場合、世界がどのように見えるか(都市はどのように見えるか、コミュニティはどのように見えるかなど)の実際的な例を想像してください。

We had a fantastic exploration with Struppi! We played with spheres and vectors as magnets, and how they connect with one another into stable structures.

Notes:

  • 2 as a minimum system ("you cannot know thyself without the other")

  • Spheres as inside/outside/boundary ("no boundary between a human and nature because we're a shared air")

  • Life having many forms (polyforms)

  • Polycentric structure ("everyone can be a center of the Universe")

  • Triangle as a balanced relationship (example of tiny spheres as a cube and as a tetra)..

We plan to continue exploring and go further: take general principles of synergetics and imagine practical examples of how would our world look like if tetrahedron is the basic structure vs cube (how would a city look like? a community? and so on)


私は昨日Mansoorに「私たちのプロジェクトはどのようにフラクタルになることができるのか」と尋ねました。彼の答えは、それはプロジェクト固有であるというものでした。しかし、一般的な考え方は、「要素を同期させて、その部分よりも大きな全体を作成できる」というものです。

I asked Mansoor yesterday "how our projects can be fractal?" His answer was that it's project-specific. But a general idea is: "Elements can sync together to create a whole greater than its parts".


//「アルバート・アインシュタインは、サイコロを振る神を信じることを拒否しました。彼はマックス・ボルンに手紙を書き、「あなたはダイスを演じる神と私を完全な法と秩序で信じている」と述べた。それで彼は明らかに偶然と決定論的な法は両立しないと感じた。彼は決定論的法則を好みました。さて、マンデルブロ集合とカオスおよび関連することが私たちのためにしたことは、あなたが両方を同時に持つことができることを示すことです。重要なのは、神がサイコロを振るかどうかではありません。それが神がダイスを演じる方法です。」 —イアン・スチュワート教授(46:00)//

-ランダム性と順序に興味があります。人間の生活や社会としてより流動性を持たせるために、フラクタルから何を学ぶことができますか?

// “Albert Einstein refused to believe in a dice-playing deity. He wrote a letter to Max Born in which he said, ‘You believe in a God who plays dice and I in complete law and order.’ So, he obviously felt that chance and deterministic laws were not compatible. He preferred the deterministic laws. Now, what the Mandelbrot set and chaos and related things have done for us is to show that you can have both at the same time. It is not whether God plays dice that matters. It is how God plays dice.” — Prof. Ian Stewart (46:00) //

  • Curious about randomness and order. What can we learn from Fractals to have more fluidity in our human lives and as society?

友達と話す前に(上記のコメント)、映画を見た直後のブログへの反省を書きました。

今では、どのトピックもさまざまな方法で解釈できることに気づきました。個人の反省や友人からのフィードバックについては、まったく異なる点があります。個人的にも集団的にも考えることが大事だと思います。

Before I talked to any of my friends (comments above), I wrote a reflection on my blog straight after watching a movie.

Now I realise that any topic can be interpreted in many ways: I have quite different points on my individual reflection and feedback from my friends. That makes me think that thinking individually and collectively are both important.