Business cloud

0  

Provisioning reality with code

YAML 発想

Provision a company with code.

This company has these inputs, these outputs. These services can be listed on an service exchange for their provisioning by business software developers.

Provisioning a cafe where there is demand would be an algorithmic opportunity.

  • Search for areas with foot traffic.
  • Find areas with high foot traffic.
  • Find places to rent which are near high foot traffic.
  • Provision a limited business using online services.
  • Buy fit out service from fit out services company.
  • Provision branding, website, menu
  • Menu is optionally listed automatically on Uber Eats and Just Eat
  • Ingredients are ordered from a marketplace of suppliers.
  • Staff are caught from a marketplace of labour.
  • A business opens its doors in the space of 1 month.

(通知しない) (不必要) ログインしてください。

これは、今日の世界の仕組みや、今日のオラクルとのスマートコントラクトの仕組みとどのように異なりますか?世界にはすでに、APIを介して呼び出し可能なあらゆる種類のサービス(物理を含む)があります。統合されたものすべてを想像することは良いことであり、実際に起こっています-APIアグリゲーターがそれを行います。これは[関数のネットワーク](https://0oo.li/method/222/network-of-functions)のアイデアとどう違うのですか? APIを介したこれらの実装は醜いです。なぜなら、さまざまな標準があり、誰も単一の標準に同意しないためです。したがって、オペレーティングシステムレベルでAPIを駆動するドライバーが必要です(メタドライブのアイデアで説明されています)。しかし、これは、これを実現するための新しい方法を示していますか?もしそうなら、このアイデアの実際の方法の説明はどこにありますか?

How is this different from how the world works today, or how smart contracts work today with oracles? The world already has all kind of services (including physical) callable via APIs. Imagining all of that integrated is good, and is happening too -- APIs aggregators do it. How this is different from network of functions idea? Implementation of these things via APIs is ugly, because there are different standards, and nobody agrees on a single one, so we need drivers that would drive APIs at the operating system level (as described in the metadrive idea). But this, does this present a new method to get this happen? If so, where's the description of the actual method of this idea?


このアイデアは、ネストされた交換によって実装できると思います。

*事業を軌道に乗せるためのあらゆる側面は、取引所からのいくつかのアイテムとのお金の交換に依存しています。したがって、このアイデアは、誰かが製品やサービスを交換するために構築したプラットフォームに依存しています。そして、それらを1つのビジネスアカウントの背後に統合します。

*組織のデータ形式。以前に解明した入力と出力のネットワークが含まれます。 [MRSGREN](https://github.com/samsquire/ideas3)を提案しました

I suspect this idea can be implemented by nested exchanges.

  • Every aspect of getting a business off the ground relies on the exchange of money for some item off an exchange. so this idea relies on a platform that someone builds to exchange products and services. and having them integrated behind one business account.

  • A data format for an organisation, which includes the network of inputs and outputs which you've elucididated on before. I've proposed MRSGREN on my ideas document as an organisational strategy or verbs for operation.

  • Integrated payments and invoicing.

  • Integrated market research market for purchase.

I've proposed how you would provision a cafe with the software. The integrations are numerous.


実世界で実物をプロビジョニングするためのTerraformのようなツールを提案します。

ビジネスが持つ属性と、これらすべてのオブジェクトが持つ属性を決定する必要があるだけです。

その後、既存の市場や新しいプラットフォームとの統合のためのプロビジョニングを作成することにより、人々は統合できます。

0ooはこれが起こる場所かもしれません;-)

I propose a Terraform-like tool for provisioning real life things, in the real world.

We just need to decide what attributes a business has and what attributes all of these objects have.

People can then integrate by writing provisioners for integrations with existing market places or new platform ones.

0oo could be the place where this happens ;-)


//統合された支払いと請求。<br>

//購入のための統合市場調査市場。<br>

// MRSGREN

[OpenERP](https://www.odoo.com/):)実際には、AからZまでビジネスに必要なすべてのことを実行するためのシンプルなオープンソースビジネスオペレーションソフトウェアとして、クラウド上で見つけたすべてのものを提供します。 PostgreSQL上で実行されているので、組織は息をすることができます。そして、はい、クラウドバージョンも存在します。プロトコル、通貨、ネットワークに関係なく、他のすべてのシステムと有意義に通信できる「一般化されたピア」に変換するとよいでしょう...オープンソースの「ビジネスオペレーティングシステム」。

// Integrated payments and invoicing.
// Integrated market research market for purchase.
// MRSGREN

Look no further than OpenERP :) It actually provides all those things that we find on the cloud as simple OpenSource business operations software to do all things that business needs from A to Z running on PostgreSQL, so organization can breathe. And yes, there also exists a cloud version of it.. It would be nice to have convert it into a "generalized peer" that can meaningfully talk with all other systems regardless of their protocols, currencies, networks... Think of it as open source "business operating system".


OpenERPを見てきました。それは、ピアツーピアでプロビジョニング可能になるように配線するための基礎を形成する可能性が非常に高いです。

市場機能が必要です。

I've looked at OpenERP. It could very well form a basis for wiring it up to be peer to peer and to be provisionable.

It needs marketplace functionality.


// 0ooは、これが発生する場所である可能性があります;-)

もちろん、0oo DBモデルはそのために非常に適していますが、私は分散化や、人々が「ビジネスオペレーティングシステム」を所有し、エコシステムへの軽量のエントリポイントとして0ooを持っていることを考えています。つまり、0ooに主に焦点を当てるのは、「考えを共有する」「作品を登録する」という2つのタスクであり、実際にはそれらすべてを他のシステムからリンクさせることです。したがって、たとえば、プライベートERPまたはタスク管理システムでいくつかの作業を行った場合、ここで他の人と共有するためにそれを0ooまでリンクすると、0ooはそれを正しく取得し、その下のパブリック台帳に含めます。あなたの会社などのプロジェクト。このようにして、全員のプライバシーが保護され、この場所自体が、ビジネスオペレーションの集約(オペレーションの元帳-財務以外の両方)に関する情報を議論および評価する場所の1つにすぎません。

// 0oo could be the place where this happens ;-)

Well, 0oo DB model is very suited for that of course, but even I think of decentralization, and having people own their "business operating system", and having 0oo as a lightweight entry point to the ecosystem. I.e., focusing on 0oo primarily on two tasks: "sharing thoughts" + "registering works", and getting all of that in fact linked from other systems. So, for example, if you did some works in your private ERP, or task management systems, you could link that up to 0oo for sharing with others here, and the 0oo would correctly pick that up and include it in your public ledger under that project, e.g., such as your company. This way, everyone's privacy would be preserved, and this place itself would be just one of the places to discuss and evaluate information about the aggregations of business operations (ledgers of operations -- both financial and not).


人々のコミュニティは、ビジネスがどのように見えるようにしたいか、どのように倫理的に運営するかなどを決定できます。

ビジネスはソースコードになります。

<pre>

リソース "会社" "sams-coffee-shop" {

description = "特注コーヒーの販売"

}

リソース「メニュー」「モーニングメニュー」{

商品「モカ」{

sell_price =£2.65

調達「フェアトレードチョコレートパウダー」{

Buy_price = "£1"

}

調達「フェアトレードコーヒー」{

Buy_price = "£3"

target_price = 0.85p

}

調達「カップ」{

購入価格=£1

target_price = 0.85p

}

}

}

</ pre>

A community of people can decide how they want a business to look like and how they operate ethically etc.

Business becomes sourcecode.

resource "company" "sams-coffee-shop" {
    description = "Selling bespoke coffee"

}

resource "menu" "morning-menu" {

    product "mocha" {
        sell_price = £2.65
        procurement "fair trade chocolate powder" {
            buy_price = "£1"
        }
        procurement "fair trade coffee" {
            buy_price = "£3"
            target_price = 0.85p
        }
        procurement "cups" {
            buy_price = £1
            target_price = 0.85p
        }

    }

}

条件を定義するときは、常に状態を読み取って、目標条件のようにそれが満たされていることを確認しようとするエグゼキュータが必要であることを覚えておく必要があります。多くの企業が存在するまさにその理由は、それらの執行者であることに長けているからです。 :)

When you define conditions, you gotta remember that there needs to be an executor that always tries to read the state and make sure that it is satisfied like a goal condition. The very reason why many companies exist, is to be good at being those executors. :)


明確でない場合、このアイデアの説明にある箇条書きのリスト全体が、自動的に実行されるプログラムになります。

プログラムのルールにより、ビジネスがポップアップします。

If it wasn't clear, the whole bulleted pointed list in this ideas description would be the programme running automatically.

Businesses would pop up due to programmatic rules.


//プログラム上のルールにより、ビジネスがポップアップします。

いいね。それで、本物の食べ物を販売するカフェを経営したいとしましょう。実際には、そのようなビジネスクラウドを活用したビジネス開発者として私は何をしますか?

// Businesses would pop up due to programmatic rules.

Oh nice. So, let's say I want to run a cafe, that sells authentic food, practically, what do I do as a business developer powered by such business cloud?