Commodification of all things except for queries

Is commodification a good thing?

YAML 問題

More services should be commodified. Like a cafe is commodified, it pops up everywhere.


子カテゴリはありません。


投票 (不必要) (通知しない) (不必要)
ログインしてください。

コモディティ化は、給与や商品やサービスの最大請求価格を下げる効果がありますが、業界全体を可能にするという副作用があります。

マクドナルドは、購入するすべての製品(牛肉、パン製品、鶏肉製品、ケチャップ、コーラ飲料、飲み物)が商品化されているため、可能です。

PC業界はコモディティ化されており、CPU、RAM、マザーボード、コンピューターケースがすべて安価に入手できます。しかし、高価なのは熟練した労働です。ある時点で、コンピュータシステムの熟練した労働力の価格は頭打ちになり、ソフトウェア開発はもはや高給の仕事ではなくなります。私たちはこの現実を可能な限り回避しなければなりません。

Commodification has the impact of reducing salaries and the maximum chargeable price for a good or service but has the side effect of making entire industries possible.

MacDonalds is possible because all the products they purchase are commodified (beef, bread products, chicken products, kechup, cola drinks, drinks)

The PC industry is commodified where CPU, RAM, motherboards and computer cases are all available for cheaply. But the expensive thing is skilled labour. At some point the price of the skilled labour for computer systems will hit a plateau and software development will no longer be a high paying job. We have to avoid this reality as much as possible.


インクリメンタル構造の発見は、ソフトウェア開発の特性だけでなく、独自のハードウェアのエンジニアリング、独自の個別処理、独自のアートの作成などの特性です。商品化は、特定の品質のアイテムが需要になったときに発生します。つまり、商品化とパッケージングが多くの場合に発生します。センスの。ソフトウェアもすでにコモディティ化されていることを忘れないでください。たとえば、パッケージ化されています。単純な関数を大規模に実行する必要がありますか?サーバーレスコンピューティングソリューションを使用するだけで、ソフトウェア開発(関数)のほんの一部でもコモディティ化できます。

//ある時点で、コンピュータシステムの熟練した労働力の価格は頭打ちになり、ソフトウェア開発はもはや高給の仕事ではなくなります。私たちはこの現実を可能な限り回避しなければなりません。

ああああ。 AIを恐れているソフトウェア開発者?ある意味で、弁護士はプログラマーでもあり、法律用語はプログラミング言語です。ある意味では、誰もがプログラマーです。 AIドメインでは、プログラミングは「計画」と呼ばれます。 AI計画の例は、ポイントAからポイントBに移動するのに最適なプログラムを見つける運転ルートソフトウェアです(devopsツールがシステムを状態Aから状態Bに移動するのと同じように)。そのようなプログラミングが自動化され、誰もが命令型プログラミングの代わりに宣言型プログラム(たとえば、「これらのプロパティのシステムを構築したいのですが、自動的に構築されます」)を使用するからといって、世界は崩壊しません。人々からの良いアイデア、自動構築するために必要なプログラムの種類、そして実際に良いプログラムの特性は何であるかはまだ必要です。

つまり、Googleマップがアドホックな運転ルートを提供するように、アドホック仕様に基づいてアドホックソフトウェアを自動開発するシステムができたと想像してみてください。人々は、プログラミングする必要がありません。もう、しかし代わりに、何かが起こることを願うだけです。たとえば、個人の履歴が、希望する人の特定の気まぐれでパーソナルクラウドに自動インデックス付けされ、クエリで利用できるようになります-そしてオペレーティングシステム(それを呼びましょう)自宅の「マスター」コンピュータ)は、そのようなシステムを自動開発および自動展開します。 「あれこれのためのアプリがあればいいのに」など、あらゆる気まぐれを想像してみてください。 -そしてそのようなものは自動開発します。それは悪いことでしょうか?最近のように、高級プログラミング言語でプログラミングすることは悪いことではないと思います。将来の人々は、話す必要さえない「ソフトウェアへの思考」システムの機能を単に楽しむでしょう。彼らは何らかの方法で何かが起こることを望んでいると思います、そしてそれは…。

結局のところ、ソフトウェア開発ではなく、高レベルの思考と感覚が委任したくないものだと思います。

Incremental structure discovery is not only the property of software development, but of engineering of unique hardware, unique individualized treatments, creating unique art, etc. The commodification happens when an item of certain qualities becomes in demand, that's when commodification and packaging makes a lot of sense. Don't forget, software is also commodified already, e.g., it's packaged. You need to run a simple function at scale? Just use a serverless computing solution, and get even a small piece of software development (a function) commodified.

// At some point the price of the skilled labour for computer systems will hit a plateau and software development will no longer be a high paying job. We have to avoid this reality as much as possible.

Oh oh. A software developer in fear of AI? Look, in a sense, lawyers are also programmers, and legalese is a programming language. In a sense, everyone is a programmer. In the AI domain, programming is called "planning". Example of AI planning is driving directions software, that finds the best program to go from point A to point B (just like devops tools take a system from state A to state B). Just because such programming gets automated, and everyone uses declarative programs (e.g., "I want the system of these properties built, and it gets built automatically.") instead of imperative programming, the world doesn't fall apart -- you'll still need good ideas from people, what kind of programs need to get auto-constructed, and what actually are properties of good programs.

So, imagine that we now have a system, that we have a system, that auto-develops ad-hoc software based on ad-hoc specifications, just like Google Maps gives ad-hoc driving routes, and people don't need to program anymore, but instead, just to wish that something happens, e.g., that one's personal history is auto-indexed in personal cloud with specific whims of the person who wants, and becomes available for one's queries -- and the operating system (let's call it "Master" computer in one's home) auto-develops and auto-deploys such system. Imagine of every whim, like, "I wish I had an app for this and that." -- and such things auto-developing. Would that be bad? Just like these days we don't think it's bad to program in higher level programming language, the people of the future will simply enjoy the capability of "Thought-to-Software" systems, where they don't even have to speak, but think that they'd want something happen in some way, and it would....

Ultimately, I guess it's high level thinking and feeling, not software development, is what don't want to delegate.


言語