Work interface

0  

As a user of someone's work I don't need to care how it is implemented I just want some thing satisfied. Similar how computer programming interfaces work, I want to depend on someone else's implementation or work that they do and use it

YAML 発想

Give people complete freedom how to decide how to solve some work purpose from time organisation to planning techniques.

Enforce a boundary of work completed and this boundary should not impose any rules or requirements how the work is to be done.

So if it was a sandwich shop, then the staff can decide how to organise their work per order. But they have the requirement to pass the information to the cashier or the cashier asks what they ordered.


(通知しない) (不必要) ログインしてください。

この考えは、人々が定義するための不快な数の自由変数と、推論を満たす限りそれらがどのように機能するかを与えられるということです

This idea is that people are given an obnoxious number of free variables to define and how they work as long as if satisfies an inferface


すでに行われ、macromanagersによってすでに実践されています。

//このアイデアは、定義する自由変数の不快な数と、推論を満たす限り、それらがどのように機能するかを人々に与えるというものです。

この「メガマネジメント」は、ウィキペディアが「マクロマネジメント」と表現しているものとどのように違うのでしょうか。

Already done, already practiced by macromanagers.

// This idea is that people are given an obnoxious number of free variables to define and how they work as long as if satisfies an inferface

How would this "megamanagement" be different from what Wikipedia describes as "macromanagement"?


望ましい結果を収集するために何らかの形の情報システムが必要であることを除いて、それは実質的に同じことです。インフィニティファミリーは、作業の実行方法を定義していないかのように、すでにそのシステムの一種です。

また、私がインフィニティファミリーで作成したものを他の人に実装してもらいたいです。私は彼らが問題を解決する方法を彼らがそれを生み出すということだけに課すのではありません。そのため、スケーラブルなコンピューティングを簡単にし、CRDTに裏打ちされた計算とデータストレージを分散させたいと考えています。

It's practically the same thing except there needs to be some form of information system to collect desired results. Infinity family is kind of that system already as if doesn't define how work should be done.

I also want other people to implement things I've created on infinity family. I don't impose how they should solve the problem only that they produce it. So I want scalable computing to be easy and spread out computation and data storage maybe backed by a CRDT.



    :  -- 
    : Mindey
    :  -- 
    

chronological,

無限のパズルやアイデアに賞金をかけることができれば、人々がそれらに基づいてプロジェクトを開始することを奨励することに気づきました。

It occurred to me that if I could place a bounty in an infinity puzzle or idea that would encourage people to start projects based on them.



    : Mindey
    :  -- 
    :  -- 
    

chronological,

コメントとしてステークやバウンティを非公式に提案できることに気づきました。このミンディに反対しますか?

It occurred to me that I could informally propose a stake or a bounty as a comment. Would you be opposed to this Mindey?


「問題」の賞品が付いたバージョンのInfinityがありました。つまり、各問題はファンドのように機能し、人々はインセンティブを与えます。ただし、技術的には、各ファンドは「会社」であるため、論理的には「プロジェクト」の特徴に属します。このような機能を適切な存在論的方法で実現するには、多くの企業(つまり、「プロジェクト」)を単一の問題にリンクすることになります(単一の問題に取り組んでいる多くの非営利組織があるように)。これらの「プロジェクト」(組織)は、問題の資金として機能します。ただし、複数のプロジェクトを1つの問題(概念/パズル)にリンクすることはすでに許可されています。これは、資金問題のこの機能は、プロジェクトに「資金である」タイプを追加し、問題のレベル(概念/パズル)に適切なロジックを追加することで実現できることを意味します。これにより、ユーザーはプロジェクトを介して問題に資金を割り当てることができます。それは彼らのための資金です。

There was a version of Infinity with prizes for "Problems", i.e., each problem working like a fund, where people put incentives. However, technically, each fund is a "company", so, ontologically, it belongs to be a feature of a "project". To realize such feature in proper ontological fashion, would be linking many companies (i.e.., "Projects") to a single problem (just like there are many non-profit organizations working towards a single problem). These "Projects" (orgs) then can work as funds for the problem. However, we already allow to link multiple projects to a single problem (concept/puzzle). This implies, that this feature of funding problems could be realized by adding a type "is fund" to projects, and adding appropriate logic in the level of problems (concepts/puzzle), that allows users to allocate funds to the problem via the projects that are funds for them.


言語