ハイブ車

+5  

カプセルホテル式の居住用変成車を創ると色々な自由を作れます。

YAML 発想

このアイディアはミニキャンピングカーに代わるものを紹介します。

問題の定義

現代の生活は色々な悩み点があります。軽キャミピングカーの愛好者はそれを知っているかもしれませんが、一般人は時々次の現代生活の悩み点はあると思います:

  1. 家庭生活の悩み点
    • 毎日家を片付けるの苦労。
    • 大量の空気を空調するのは費労や熱廃棄物。
    • 性格の合わない人との同棲するは悩み。
    • 移動したい時に引っ越すのは高さの不便。
    • 洪水や地震後家を再構築の不便。
  2. アウトドア生活の悩み点
    • 外にはすごく暑いか寒い時に服の選択の悩み。
    • 色んな服をもって季節や場所によってそれを変更するの悩み。
    • 外は過酷な環境であり、休憩、シャワー、安全な睡眠の場所は遍在ではないこと(ホテルや特定の場所まで行くか、タクシーを呼んで待つという選択しかにないこと)。
    • 外でパソコンで働きたいなら、静かで便利な場所が見つるの悩み(漫画喫茶店はどこでもあるとは限らない)。
    • 外で一緒に泊まりたい、屋根の下に集まる場所を見つけるのは時間がかかること。
    • 蚊や虫はいたるところにあり、伝染病を蔓延させること。
  3. 健康や死亡リスクの悩み点
    • 救急車の到着時間が遅すぎて、不安と感じたときに病院の近くに住むのは簡単ではないこと。
    • 重い生命維持装置を必要とする人々は動けないこと。
    • 生命徴候の記録は簡単だが、薬物注射や低体温療法などの介入はいつも簡単だとは限らないこと。
  4. 生産性低下のリスクの悩み点
    • 情報時代の人は、特別な道具をもたなく、パソコンと携帯だけでネット上のあらゆる実用と離れている情報処理に集中しすぎ、お互いの物理的な世話などをするのができなくなる傾向がる。(実用の物理的な工具のボタンでを押すというより、キーボードでネット情報を再処理している。)
    • 計装を必要とするフィールドワークは、機器ボックスやツールを運ぶために余分な手を必要とするが、現代の車はいつも隣に道具を運んで手伝いにあるとは限らない。

まとめば、理想的には、私たちは、住みながらや仕事しながら旅行したい、友人と会いたい、話し合い、交流や協力したいが、この惑星上の寒いや暑い気候、空中の病気、汚染、昆虫などの危険があり、キャンピングカーはいつも肌の上に防ぐとは限らないから、どこでも便利な生活に欠かせないインフラを提供できる、軽量で普遍な構造が必要だと思われる。つまり、キャンピングカーはいつも肌の上にあるとは限らないのです。このアイディアはミニキャンピングカーに代わるものを紹介します。

解決として、地球で直接に住みやすいの外骨格(軽キャンピングカーより小さくて使いやすいもの)を考えられると思います。

アイディアの説明

建物や共有生活空間に接続できるの独立のカプセルを想像してみよう(例えば、空間充填で窓やドアが独特なヒンジがあり、6方向に接続できて、建築材料として使えられるような形)。カプセルの側面を道具をつけるレールをもつと想像してみましょう(例えば、このレールを使ってシャーシ、ホイール、船のモーター、ドローンプロペラ、ロボットアーム、ロケットエンジン、マウンテンエレベータの吊り下げ構造などを付くことが出来るようになります)。独特な自動転置ができるシャーシを想像してみよう(トランスフォーマー (映画)でのロボットみたいに、高速運転の水平位置から歩行散歩の垂直位置に変換できるようになって寝ると生活するに必要な空間量の需要を減らせる)。軽量で一般構造を想像してみよう。(関連したプロジェクトで具体てきな図と形はありますが、このアイディアページで比較的に抽象的な話にいたしました。)

そうすると、生活用品として使える人々が専用のパイプラインを経由して半自動化された方法で色々な身体のサービス/修理管を可能にする多機能があり、あらたな生態系構造を想像でるでしょう。

普通の建物でもなく、普通の車でもない:オフィス、ベッドルーム、キッチン、バスルームなどは、移動式の独立したカプセルに入っています。

まとめば、次の特徴を持ったカプセルです

(1)透明な天井があるので、夜に星が見える。
(2)他のカプセルを接続してより広いスペースを形成できるための特別なドアがある。
(3)車輪があるので、車のように運転できる。
(4)立ち上げメカニズムがあるので、カプセルの位置を変更し、きれいな窓を使用して都市のナビゲーター、新鮮な濾過された空気のセグウェイみたいになる)運転できる。
(5)オフィスになるための拡張可能なデスク
(6)車を乾いた状態に保つための疎水性ナノ粒子表面があり、シャワーを浴びることができる。
(7)空調機能と空気ろ過機能。
(8)耐水性的でので湖や海を通過するボートや潜水艦として使用できる。
(9)余分な作業(危険な、特に繊細な作業など)を行う場合は、標準のロボットアームシステム。
(10)十分な水と電気を得るためのインターフェース(標準のケーブルや水道管など)。
(11)連絡を取り合うためのワイヤレスインターネットと衛星インターネット(スターリンク衛星通信など)。
(12)壁用のエアロゲル絶縁体(北極のような極端な環境に適応できる。)
(13)旅行者の健康を保つために運動できる特別な運動用のペダルがあり。
(14)液晶ガラスが埋め込まれているため、人々は電流の極性を変更してガラスを不透明にしてプライバシーを保護できる。
(15)肉やコーヒーなどの栄養素を供給できる食料貯蔵室があり、水と混ぜると自動的に食料を形成し、駅を通過するときに補充することができる。
(16)市内にはエレベータートラックのある積み重ね可能な駐車システムは超高層ビルに重なる。
(17)カプセルは、人の健康状態を監視し、緊急時に自動的に最寄りの病院に乗せる。
(18)いろんなトンネル(管)のセグメントは特殊なサービスを提供する:通過することで、レストラン、医療などなサービスのシステムがあり、色々楽しめられる。
(19)自動化された緊急極低温冷用の非常用極低温クーラントが内蔵されたので、死亡の可能性を減らす治療的低体温が自動的にできる。
(20)空気、水、および食品の品質管理を行って病気の蔓延を防ぐ。

ご意見、質問やコメントをお待ちしています。よろしくお願いします。













(通知しない) (不必要) ログインしてください。

また、大きすぎて移植できない医療用生命維持装置に接続したときに移動したい人にも役立ちます。

標準化された車両に乗っている場合は、おそらく人々を凍結保存する方が簡単でしょう。

It would also be useful for people who want to move when connected to medical life support devices that are too large to be implanted.

It would probably also be easier to cryopreserve people, if they are in standardized vehicles.

It may also be under-estimated, how many physical injuries and infections could be prevented, if people used HiveCells for life ;)


言及しなかったと思いますが、このような小さなスペースで十分だと思う理由の1つは、自転車のように機能するためです。 )全方向性トレッドミルが内部にあるので、家の中を歩き回るのが好きな人はその能力を持っているでしょう。

I think I haven't mentioned, but one of the reasons why I believe such a small space would be sufficient, is because it would work a bit like a bicycle with omni-directional treadmill inside, so people who like to walk around their home, would have that ability.


言語