X迷路

+2  

学生むけのコンピューターゲーム:壁に理論、ドアに問題、問題の解決はドアを開く。

YAML ソース 発想

どうすれば実際に大きな問題の解決方法をクラウドソーシングできるのか?

世界の大きな問題X(任意の問題に置き換えてください)を解決したいと想像してみよう。具体的な例として、人間の老化の問題を取り上げてみよう。この問題の解決にはお金は制約ではありません。それを解決するには、老化の現象を分析し、それをよく理解してから有用な計算や実験作業を行える人々が必要です。

その作業の多くは計算、例えば、生成されたデータに機械学習アルゴリズムを適用するなどの計算である。例えば、分子構造の特徴を認識する、小惑星分布をモデル化する、または人間の細胞の化学反応ネットワークにおける可能性を探る。

そいう状況では「X迷路」 ビデオゲームのアイデアが役立ちます。「X迷路」とは三次元の迷路ゲームであり、各部屋の壁が理論的に覆われて学習され、部屋間のトンネルの各ドアに部屋の理論に基づく問題が含まれている。 ドアのロックを解除するには、問題を解決する必要がある。また、他の部屋に移動するときは、前の部屋の理論を使用する必要がある場合がある。

「X迷路」ゲームは、子供たちを楽しませながら、非常に基本的なスキル(Khan Academi のビデオや問題みたいなセットを統合し)から高度な大学レベルの知識(入手可能な色んなオンラインコースの教材を統合し)まで子供たちに教えられる。

このゲームは、動機付けの要素を提供する:プレイヤーは、一つの仮想部屋から別の仮想部屋に進むには問題を解決しなければならない。好奇心と不規則な報酬は世界中でゲーム中毒者を生み出すのに十分であることが知られています。子供たちのパフォーマンスを向上させ、親をなだめるために、ゲームは問題の市場をつくり、より難しい問題を解決すると金銭的報酬を提供する。

このゲームでは、教育的な問題はそれの初めにのみにある。子供たちが有用な仕事をするために必要なスキルを持っている迷路場所に到着すると、教育の問題は徐々に現実の問題に置き換わる。その現実の問題は広告がGoogle AdWordsプログラムは広告を介するのと同じように、色々なビジネスや研究組織に、解決必要な問題を配置されます。

プレイヤーが効率的に解決できる問題の種類は、子供たちがこれまでに到達できた迷路の部屋のセットによって異なるので、この情報により、リスク理論によって(ある種の問題が解決される確率、価格と価値を最適化するように)現実のビジネスおよび学術の問題をターゲットに配布することができます。(それは、もちろん、迷路の場所ごとに異なる価格(配置あたりのコスト)があり、これは、迷路の場所ごとに学生の数が異なり、問題の配置の価格が需要と供給に従うためです。)

こういうゲームリソースを作ってから、老化や死亡などの大きな問題を解決するのに集中する企業や研究グループを、このリソースを活用するように招待する。適切なスキルを持つゲーマーが存在する可能性が最も高い場所で、GoogleAdWordsのようなものからプレースメントを購入することができます。その企業はこリソースからのプレースメントを購入することができるようにする。

残りは実現の詳細です。このパラダイムは、ゲームのやる気が高まるだけでなく、複雑な環境を閲覧する学習に関与する海馬と呼ばれる脳の一部が、大人でも非常に神経可塑性であることが示されているためうまく機能します(ロンドンのタクシー運転手は大きな海馬を持っていることで知られていましたが、さらに印象的なのは、新しい研修生もわずか2年で海馬を大幅に成長させることです。我々大人たちも幼い子供と同じくらいはやく学べるのこの魔法のピースを脳に持っています。)

ノート:このアイディアは、私は元々Halfbakeryのここでは、後はG+のこちらに共有したことがあります。





(通知しない) (不必要) ログインしてください。

私は実際に約1か月、つまりプロトタイプを作成するのに約{240}時間費やしました。これは、ここであり、博士号の研究をやめて、それを学ぶことを学びました。 。 :)

I actually spent about a month, that is about {240} hours to do the prototype, which is here, and quit my PhD studies to learn to do it. :)


そうそう、それは前述のとおりです学習を雑用ではなく、コンピューターゲームとして作成する


つまり、firestormviewer.orgがあり、LinuxでSecondLifeを使用できるようになっています。大学と契約するだけで、SecondLifeで地下のボーグキューブを作成するサービスを販売できます。既存のメーカーを雇い、Blenderのライブラリを構築してSecodnLifeのBorgキューブ作成を自動化しますか? (リンクを参照)

So, cause there is firestormviewer.org, allowing to use SecondLife on Linux, -- just contract with a university, to sell them service of making underground Borg cubes in SecondLife, and hire existing makers, as well as build library for Blender to automate Borg cube making for SecodnLife? (see link)


機会:brilliant.orgの問題、khanacademy.orgのビデオを使用し、secondlife.comのような環境とパズルを組み合わせて実行します。アイデア:decentralandを含め、これらの組織間で会議を行います。さらに、Dual Universeは良い一致のようです。

Opportunity: use brilliant.org problems, khanacademy.org videos, combined with secondlife.com-like environment with puzzles to go through.

Idea: make a meeting between these organizations, include decentraland. Additionally, Dual Universe seem to be a good match.


このゲームは、AmazonやAlibabaなどから機器を購入することをシミュレートして、その機器を仮想物質を操作できる仮想オブジェクトとしてゲームにポップさせることができます。そうすることで、ツールを使用して、あるものを他のものに変換する方法を子供たちに教えることができます。彼らが成長したときにそれらのツールを購入する可能性が高いこと。このバイヤーは購入する前に仮想世界でセットアップのプロトタイプを作成できるため、企業が物を売るのにも役立ちます。

This game could simulate buying equipment from Amazon, Alibaba, etc., to have that equipment pop into the game as virtual objects that can operate on virtual matter, that way teaching kids, how one things can be converted to others, using tools: so that they are more likely to buy those tools when they grow up.

It could even help companies sell things, as this buyers could prototype their set ups in virtual world before buying.


数年前、このアイデアを実現する方法は、ゼロから何かを構築することだったかもしれませんが、Dual UniverseGoogle AdWords、問題のソースとしてBrilliant.org、教材ソースとしてKhan Academy 、現在、M&Aアプローチを採用し、AdWordsの拡張機能としてAdLocksをGoogle AdWordsに依頼して、これらすべての側との可能な協力について話し合うことは非常に理にかなっています、Dual Universeとエクスペリエンスサイド。イデオロギー的なゲームプレイのリーダーまたはコンサルタントは、NotpronおよびSupralandの作成者であるDavidMünnichである可能性があります。 Gleb Skibitsky(教育のための3Dインターネットに関する考え)、SecondLifeのFirestorm Viewerの作成者も素晴らしいコンサルタントになると思います。 。

一方で、問題の配置の分散型市場向けのプロトコルレベルの実装も検討されています。特定の種類の問題については、解決策を確認する方が簡単な場合もあります。さらに、UpWorkは、そのような迷路の中で業界からのタスクのソースになる可能性があります。これがどれだけの人々の注目を集め、意味のある問題解決と教育に向けることができるかを想像するだけで、頭がおかしくなります。私は人々と話をするべきだと思います、そして多分私達はこれに熱心に取り組んでいる誰かができるでしょう。

A few years back, the way to realize this idea might have been to build something from scratch, but considering that there's Dual Universe and Google AdWords, and Brilliant.org as problems source, and the Khan Academy as an educational material source, currently, it makes much sense to go M&A approach, and discuss a possible cooperation with all these sides, tasking Google AdWords with AdLocks as extension of AdWords, the Dual Universe with the experience side. An ideological gameplay leader or consultant could be David Münnich, creator of Notpron and Supraland. I think Gleb Skibitsky (thoughts on 3D internet for education), and creators of Firestorm viewer for SecondLife may be great consultants as well.

On the other hand, protocol-level implementation for decentralized marketplace of the problem placements, is also on the table. For certain types of problems it may even be easier to verify solutions. Additionally, UpWork could be the source of tasks from industry in such a maze. Just imagining how much people's attention this could capture and direct towards meaningful problem solving and education is mind-bloggling. I think I should talk with people, and maybe we can someone passionate working on this.


ミンディ:明けましておめでとうございます〜 私は教育業界にいます。あなたの考えによれば、私は人類にとって本当に有益なことをすることができるはずです。どうやって始めるの?

明迪:新年好〜 我在教育行业,根据你的想法,应该可以做一些对人类真正有益的事情。该如何开始呢?


[一過性]ありがとう、明けましておめでとうございます。開始する1つの方法は、GeoCachingを学生と一緒に使用することだと思います。ここでは、ジオキャッシングによって世界のさらなる場所のロックが解除されます。私たちの世界にはすでにかなりのスペースがあります。新しい場所につながる宿題の問題を考えてみてください。 ;)

Thanks [transiency], happy new year as well. I think the one way to start is to use GeoCaching with students, where geocaching unlocks further locations of the world. Our world has got quite a lot of space already. Think of homework problems that lead to new locations. ;)


//新しい場所につながる宿題の問題を考えてください//

これが大好き!起業研修にも適しています

// think of homework problems that lead to new locations //

love this! suits business startup training too



    :  -- 
    : Inyuki
    :  -- 
    

--Ruta,

言語