Smart ontologies

The semantic web technologies introduced interesting ideas like RDF and semantic reasoning with OWL. We can produce new facts from old facts.

YAML 問題

A Django ontology is just one kind of specification of an ontology It's used to create databases and generate ORM queries.

Infinity family has a rich ontology because it can be used to execute business. Business software like ERP has a complicated ontology.

Multiple kinds of things can be considered to be ontologies.

There are other technologies such as RDF and OWL which allows reasoning over relationships. There is an application I recommend called Protege which is very good for automated reasoning.

I can say that a mother is a female human with a child and then I can generate a fact when a woman is a mother.

Having knowledge graphs allows for powerful automated reasoning and automation opportunities.

In my fact collector project I use Prolog to do sime reasoning.

Inference means a query and find the free variable, such as X. Logic is a statement that is true. Here I ask two questions (1) who am I mutually friends with and (2) who am I friends with but who doesn't consider me a friend.

"Logic likes(sam, john).",

"Logic likes(sam, peter).",

"Logic likes(john, sam)."

"Inference and(likes(sam, X), likes(X, sam)).",

"Inference and(likes(sam, X), \+(likes(X, sam))).",

]

The answer to the first question is john. So the answer to the second question is peter

We need a rich specification of data relationships to create instances of ontologies.

With ontologies that define steps or temporal relationships like Datalog we can create automated workflow systems or automated interoperability

With ontologies we can traverse the system itself.

https://stackoverflow.com/questions/10263970/traversing-recording-matched-predicates


子カテゴリはありません。


投票 (不必要) (通知しない) (不必要)
ログインしてください。

オントロジーの推論は、データセットのクエリの特殊なケースであり、ほとんどのデータベースは、特定のタイプのクエリ用に最適化された、特殊なオントロジーにすぎません。トリプルストアなどの一部のデータベースは、最適化されているか、論理的な推論である可能性があります。

あなたは、インフィニティファミリーのオントロジーがビジネスの意味から実用的であることに正しく気づいています。実際、私は企業が実行するためのWordpressのようなフレームワークであるOdoo(以前のOpenERP)に取り組んでおり、考えた(戻って2010)-AIで強化された企業はすでに起こっているので、社会に対して透明性を持たせることができるシステムが必要であり、企業は単なる人の集まりであるため、方法と方法の間に共通の分母が存在する必要があると思いました個人、企業、さらには政府さえも運営しており、実際、インフィニティファミリーのオントロジーは、第一原理からその共通の分母に到達する試みです。 方程式モデルに関する論文。そのより具体的なバージョンは、NRV(ネットワークリソースの語彙)であり、そのアイデアは次のようなものを導入することです。応答に対するHTTP応答コード番号ではなく、データオブジェクトに対するセマンティックコード。

理論的には、システムを理解できるようにするために、すべてのシステム(各アプリなど)とデータパケット(インターネットトラフィックなど)を回って、人間のセマンティック空間に投影することができます-そのようなコードを添付することによってそれらのテーブル、要求、および応答-すべてのシステムを人間に理解させ、数学的に扱いやすくします。

Reasoning on ontologies is a special case of querying of datasets, and most databases are just specialized ontologies, optimized for certain types of queries. Some databases, like triple-stores, may be optimized or logical inferences.

You're correctly noticing that Infinity family ontology is pragmatic from the business sense. In fact, I had worked on Odoo (previously OpenERP), which is a Wordpress-like framework for enterprises to run, and I thought (back in 2010) -- that AI-augmented corporations are already happening, so, we need a system that would enable them to be transparent with the society, and, since companies are just sums of people, I thought, there must exist common denominator between how individuals, companies, and even governments operate, and in fact, the Infinity family ontology is an attempt at arriving to that common denominator from the first principles, described in the paper on the equation model. A more concrete version of that, is the NRV (network resource vocabulary), the idea of which is to introduce something like HTTP response code numbers to responses, but rather, semantic codes to data objects.

In theory then, to make systems understandable, we can go around all the systems (such as each app) and data packets (such as the internet traffic), and project them in the human semantic space, -- by having such codes attached to their tables, requests and responses -- make all systems understood to humans, and even make them mathematically tractable.


コンピューターのオントロジーと、ファイル、プロセス、スレッド、コンテナー、アクセス許可などの間の関係があると便利です。

そうすれば、実装で定義されていないすべてのデータ構造が単純になります。

Would be nice to have an ontology for computers and relationships between files, processes, threads, containers, permissions etc

Then we would have a simple data structure for everything that wasn't so implementation defined.



    :  -- 
    : Mindey
    :  -- 
    

--chronological,

推論エンジンがどのように機能するかはわかりませんが、modus ponensの複製アプリケーションだと思います。

データベースに組み込まれているもの、またはデータベースに組み込まれているプロローグエンジンがあると便利です。 25歳未満の人が、データベースデータに基づいてメールプロバイダーとしてGmailのみを使用しているような事実を生成できます。

I don't know how reasoning engines work but I think it's a replicated application of modus ponens

It would be nice if you had one built into a database or a prolog engine built into a database. You could generate facts like if someone is aged under 25 they only use Gmail as their mail provider based on database data.


計算された(仮想)プロパティを「目的のプロパティによって相互リンクされたオブジェクトのセット」(結合された仮想オブジェクト)にしただけではありませんか?

計算されたプロパティの例については、次のように考えることができます。

「25歳未満の人は、データベースデータに基づいてメールプロバイダーとしてGmailのみを使用します」

単一の計算されたブールプロパティ、つまり Object.use_only_gmail(age):age <25 => True? False、「age」プロパティを持つオブジェクト。 含意は単なるプロパティ計算と見なすことができます。信頼水準は、プロパティを計算するだけで説明することもできます。実際には、このステートメントはケースの95%しかカバーしていません。

結合された仮想オブジェクトの例については、以下のクエリを検討してください。

_ "25歳以上の正確に2つのオブジェクトのコロケーションにより、1日未満の期間中に1歳未満の2つの生きているオブジェクトが生成されたケースを検索します。" _

「2つのオブジェクトの生成」と「コロケーション」の発生がデータベースが自然に追跡するものではないと仮定すると、そのようなプロパティの計算には「結合された仮想オブジェクト」の作成が含まれます(たとえば、コロケーションのあるスパンオブジェクトのグラフパターンが観察される発生)。 、次に、そのような仮想オブジェクトのブールプロパティを計算し、正確に2つのオブジェクトが生成されたと答えます。

トリプレットストアが必要になった理由がわかりません。計算されたプロパティとクエリで指定されたパターンだけで、より自然に実行できます。パターンは単なる「結合された仮想オブジェクト」であるため、クエリは「テンプレート仮想オブジェクト」の構築にすぎません(実際、「目的で説明しました/metaformat/0001-metaform-philosophy/07-purposefulness.html) "メタフォーマットで補足された場合の、必要なデータプロパティに関するセクション)。これにより、考えられるあらゆるパターンを照会できるようになります。

Isn't it just computed (virtual) properties to "sets of objects interlinked by desired properties" (a combined virtual object)?

For an example of computed properties, we can think of

"if someone is aged under 25 they only use Gmail as their mail provider based on database data"

as a single computed boolean property, namely Object.use_only_gmail(age): age < 25 => True ? False, to the objects that have "age" property. An implication can be viewed as just a property computation. The confidence level can be described, too, by simply computing the property, and observing that, in actuality this statement covers just 95% of cases.

For an example of a combined virtual objects, consider the below query:

"Search for the cases, where collocation of exactly 2 objects aged above 25 had spawned 2 living objects aged below 1 during a period of less than 1 day."

Assuming that the occurrences of "spawning 2 objects" and "collocation" is not something that the database naturally tracks, computing such property would involve creating "combined virtual object" (say, an occurrence where graph pattern of spanning objects with collocation is observed), and then computing the boolean property to such virtual objects, answering that exactly 2 objects were spawned.

I don't see why we'd need triplets stores anymore: it's all more naturally doable with just computed properties and their patterns specified by queries. A pattern is just a "combined virtual object", so, a query is just a construction of a "template virtual object" (in fact, I've explained that in "purposefulness" section about desired data properties, when supplemented with metaformat). This would enable to query for any patterns imaginable.


データベース外のプログラミング言語で計算されたプロパティの問題は、それらがあまり効率的ではないことです。素朴に実装すると費用がかかる可能性のある真実の維持が必要になります。

Blazegraph(Amazonに買収されて以来)とJena Fusekiは、真実の維持機能を備えたトリプルストアです。

トリプルストアがテーブルにもたらすものを軽視しないでください。

データベース内に実装された仮想プロパティをデータベースに含めることができれば(挿入データや変更データでも更新されます)、効率的である可能性があります。

The problem with computed properties in programming language - outside the database is that they're not very efficient. You would need truth maintenance which can be expensive if naively implemented.

Blazegraph (since acquired by Amazon) and Jena Fuseki are triple stores have truth maintenance features.

Don't discount what triple stores bring to the table.

If a database could have virtual properties that were implemented inside the database - also updated on any insert or changing data - then yes it could be efficient.



    : Mindey
    :  -- 
    :  -- 
    

--chronological,

また、その例は推測されたルールでした。 25歳未満のGmailを使用している年齢は、データに基づいてデータベースによって学習されるものです。

これは、すべてのデータと他のすべてのデータとの相関関係です。単純なループと相関関数で実装できます

Also that example was an inferred rule. The age less than 25 people use gmail is something that is learnt by the database based on the data.

It's a correlation of every piece of data with every other piece of data. Could be implemented with a simple loop and correlation function



    : Mindey
    :  -- 
    :  -- 
    

--chronological,

タプルで十分なので、トリプルは冗長です: (a、b、c)=((a、b)、(b、c))ポイント(ビデオ)[Telmo])に電子メールで作成しました。

したがって、トリプルストアは単なるセマンティックインデックスと考えることができます。はい、インデックスはクエリを高速化しますが、それ以外の場合は冗長です。したがって、セマンティックインデックス作成に関しては、より一般的なグラフノード間だけでなく、ハイパーグラフノード間でもこのような「トリプル」を作成することは理にかなっています(べき集合インデックス作成 .org / wiki / Power_set)は、ほとんどの場合、計算リソースを使い果たす可能性があります)。

文献にそのような「セマンティックインデックス」の概念はまったくありますか?データベースの「トリプルストアの作成」、つまり「セマンティックインデックス作成」を誰も呼んでいないようです。

Well, triples are redundant, because tuples are enough: (a, b, c) = ((a, b), (b, c)) (the point (video) I made in an e-mail to [Telmo]).

Thus, we can think of triple stores as just semantic indices. Indices speed up querying, yes, but but otherwise, they are redundant. When it comes to semantic indexing, then, it would make sense to make such said "triples" not just between more popular graph nodes, but hypergraph nodes as well (doing the power-set indexing would likely exhaust computational resources in most cases).

Is there at all such concept of "semantic indexing" in the literature? It seems nobody calls "making triple stores" for a database -- "semantic indexing".


言語