Octahoop

+1  

A transformative hairhoop as a toy that sparks creative energy

YAML 発想

物事は感情を刺激します。アセスメントは大人向けのおもちゃのようなものです。だから私は王冠のように見える髪の査定を想像します。オブジェクトとしてのこのヘアフープは、宇宙から着陸する創造的なエネルギーを取り込むアンテナのシンボルです。それは、流れの状態に入り、インスピレーションの感情、a-haの瞬間を固定するのに役立つ毎日の儀式オブジェクトとして機能するように設計されています。このヘアフープクラウンのデザインは、タコの複数の手に似ており、創造的なライフスタイルが可能にする多数の、ネットワーク化された思考(創造性)、複数のアイデンティティのシンボルとしてのタコのメタファーを構築します。

Things spark feelings. Assessories are like toys for adults. So I imagine a hair assessory that looks like a crown. This hairhoop as an object is a symbol of antenna that captures creative energy that lands from the Universe. It is designed to serve as a daily ritual object that helps to get into a flow state and anchor the feelings of inspiration, a-ha moments. The design of this hairhoop-crown resembles the multiple hands of an octopus, and builds up a metaphor of an octopus as a symbol of multitudes, a networked thinking (creativity), plurality of identities that creative lifestyle enables.

Materials

The material of this hairhoop is easy to bend. Alliuminum or other cheap metal, so that people can access it easily. The bending part is important - the hairhoop has to fit the owners headsize easily and transform when played with - its "octopus hands" work like a toy and are easy to twist depending on mood and intention.

Makers

Octahoop are hand-made to express the value of human time. Local makers freely access the knowledge of how to make an Octahoop through a website. Makers host a community meetups worldwide where newbie Octahoopers learn a craft of Octahooping. In the process of these meetups, learners learn chemistry and about materials, which connect newborn creators with the Earth, its elements and lay the basis for their path towards regenerative creativity.

Social change

From outside attention to inward reflection: Octahoop is worn on your own, when creating and not in public or socially.

Background

This idea came to my mind when observing how different clothes and assessories exist for different occasions and rituals, for example for cooking time there's an apron, for rainy time there's a raincoat, for weddings and funerals there are special clothes too. But what about special assessories for creativity time?



(通知しない) (不必要) ログインしてください。

それで、猫の耳のように、しかしタコの触手?

//「宇宙から上陸する創造的なエネルギーをキャプチャする」

私はそれがどのように行われるかを捉えることができません。 :)

//多数の人々の象徴としてのタコのメタファー、ネットワーク化された思考(創造性)、創造的なライフスタイルが可能にする複数のアイデンティティを構築します。

それを伝えるには、ちらつきと変形が必要だと思います。それを身につけている個人間で脳波を伝達するコミュニケーションツールとして機能するでしょうか?

So, like a cat's ears, but octopus tentacles?

// "captures creative energy that lands from the Universe"

I fail to capture how it does it. :)

// builds up a metaphor of an octopus as a symbol of multitudes, a networked thinking (creativity), plurality of identities that creative lifestyle enables.

I'm figuring it would have to flicker and morph to convey that. Would it work as a communication tool that transfers the brainwaves between individuals wearing it?


このヘアフープは、象徴性を超えて、宇宙から降り注ぐ創造的なエネルギーをどのように捉えることができるでしょうか。

さて、私もそれを発見したいと思います:)最初に頭に浮かんだ考え:触手は環境のエネルギー場に反応する金属から作られ、空気中のエネルギーに基づいてねじれたり動いたりします。つづく...

//その[タコのシンボル]を伝えるには、ちらつきと変形が必要になると思います。コミュニケーションツールとして機能しますか...

うーん、それを身に着けている他の人とではなく、「自己とのコミュニケーションツール」として。それがオクタフープのポイントです。観察と遊びを通して、自己(生きているシステムとして:心と体)と自然環境との相互作用だけから創造的な流れに入るのです。

それで私はさらに、オクタフープがどのように自己とのコミュニケーションを助けることができるかを想像しましたか?

まず、移動中に外でオクタフープを着用することを想像します。したがって、各触手は、観察者の道具のホルダーのようになります。ミニ双眼鏡、小さな顕微鏡、紙とペンが入ったチューブ、ミニトーチなど、環境と対話するために必要なものはすべてあります。ここでは、このヘアフープをネックレスに変換する機能を追加すると便利です。首の下に観察用のツールを持ち運び、手で触手からツールをすばやく取り出すことができます。 (また、もし私が探検のために街に行くなら、それが注目を集めないようにネックレスとしても着たいですが、それでも私の創造的なアンカーとオブザーバーのツールキットを持っています)。

最後に、ここにウェアラブル技術機能を含めて、脳波とリラクゼーション/ストレスの状態を測定し、創造的な流れと創造的な混沌のパターンと相関させることができると便利です。ステップ(ボディインテリジェンスのアイデアを構築するため)と場所も測定したいので、森のどの場所で宇宙から着陸したアイデアをキャプチャしたかを確認します:)そうです、自己使用のアプリはクールな追加。

したがって、全体として、Octahoopは、完全で有用なオブザーバーのツールキットおよび象徴的な創造性のアンカーのように機能するように拡張できます。

このオブザーバーの友達をイメージするのは本当に楽しいです!笑 :)

How beyond symbolism could this hairhoop capture creative energy that lands from the Universe?

Well, I want to discover that too :) First thoughts that came to mind where: tentacles would be made from a metal that reacts to the energetic fields in the environment and it twists/moves based on energy in the air. To be continued...

// I'm figuring it would have to flicker and morph to convey that [octopus symbol]. Would it work as a communication tool...

Hmm, as a "communication tool with self" rather than with others wearing it. That's the point of Octahoop: getting into a creative flow from nothing just interaction with the self (as a living system: the mind and the body) and the natural environment, through observation and play.

So I went further to imagine how could Octahoop help communicate with the self?

First, I imagine wearing Octahoop outside on the move. And so each tentacle would be like a holder of observer's tools: a mini binocular, a tiny microscope, a tube with paper and a pen, a mini torch - all I need to interact with the environment. Here, adding a function to transform this hairhoop into a necklace would be useful: carrying tools for observation under the neck where hands can faster take out a tool out of a tentacle. (Also, if I happen to go to the city for exploration, I'd love to wear it as a necklace too, so that it doesn't bring attention, but still have my creative anchor and observer's toolkit with me).

Lastly, it would be useful to include a wearable tech function here measuring brainwaves and states of relaxation/stress that can then be correlated with creative flow and a pattern of a creative chaos. I'd like to measure steps (to build up on a body intelligence idea) and location too, to see in which places in the forest I captured those ideas landing from the Universe :) So yeah, an app for self use would be a cool addition.

So overall an Octahoop could extend to work like a complete and useful observer's toolkit as well as a symbolic creativity anchor.

I'm really having fun imaging this observer's friend!! LOL :)


この弓は電波をキャッチしますか?

Ar šis lankelis gaudytų radijo bangas?


//創造的なムードを作り出し、創造的な流れの状態に入るのに役立つ日常の儀式オブジェクト//

このアイデアは、この「トリック」が言及された「創造的な流れの状態」にどのように到達するかを説明していません-儀式と「第8の象徴」だけが何らかの形でこの状態を達成するのに役立つはずですが、象徴は非常に主観的であり、したがって、個々のユーザーの想像力は、一般に「フロー状態に到達する方法」の問題を解決せず、おそらくその象徴性が特別な人々だけに問題を解決する可能性があります。

一般的に、Twi'lekStarWarsから

より良い結果を得るには、書く前にそのアクセサリがどのように機能するかを考えて発見する必要があります-それはどういうわけかあなたの頭に「創造的な流れの状態」を作り出すと言うのは安いので-それはユーザーなしでどのように機能するかを説明する必要があります自尊心。十分な自尊心は多種多様な状態を作り出す可能性があるため、その状態が付属品によるものなのか、単に自尊心によるものなのかを判断するのは困難です。

// kasdienis ritualinis objektas, padedantis susikurti kūrybinę nuotaiką ir patekti į kūrybinio srauto būseną (angl. "flow state") //

Idėja neaprašo, kaip gi šis "įgaudis" pasiektų minimą "kūrybinio srauto būseną" -- iš aprašymo išplaukia, kad vien ritualas ir "aštunkojo simbolizmas" turėtų kažkaip padėti pasiekti šią būseną, tačiau simbolizmas yra labai subjektyvus, ir priklauso nuo konkretaus vartotojo vaizduotės, todėl nesprendžia problemos "kaip pasiekti flow state" bendrai, ir potencialiai spręstų problemą galbūt tik tiem žmonėm, kuriem tas simbolizmas yra ypatingas.

Apskritai, primena Twi’lek'ų uodegas iš StarWars.

Norint geresnių rezultatų, reikėtų prieš rašant pamąstyti ir atrasti, kaip tas aksesuaras veiktų, - nes bepigu sakyti, kad jis kažkaip vat aštunkojis ant galvos kažkaip sukurs "kūrybinio srauto būseną", - reikėtų paaiškinti, kaip gi jis tą padarytų be vartotojo savitaigos -- nes pakankama savitaiga gali sukurti įvairiausias būsenas, ir tada sunku pasakyti, ar ta būsena atsirado dėl aksesuaro ar tiesiog dėl savitaigos.


【いんゆき】、この弓は主におもちゃで、おもちゃの機能は遊んでいる間に想像力を活性化することです。

儀式に関しては、儀式はこの考えの本質的な部分です。この弓は、この場合のように孤独ではなく小隊で最も頻繁に行われる儀式の目新しさとして機能します。そして宝石のように、この弓はあなたの周りのものではなく、孤独に身に着けられています。儀式はまた、伝統的に、人を崇拝したり、人生のある段階から別の段階に変えたりするために使用されます。しかし、儀式が創造的な生活を理解するために使用されているかどうかはわかりません。そしてその秘訣はそのためです。

8進記号のルーツは、生命システムの哲学にあります。これは、人間は宇宙と同じエネルギーで創造できる宇宙の子供であると述べています。 。そして、創造的な思考と反省は、そのような意味のある創造的なプロセスへの鍵です。タコは偶然ではなくここで選ばれます、それは非線形思考、柔軟性、フラクタルを介した接続の象徴であり、その本質は生きているシステムです-そして人間の創造的思考、人間自身、惑星地球と宇宙も同じ原理で一緒に働く同じ生きているシステム。

この場合、シンボルはシンボルのままではありませんが、有用なオブジェクト(髪の毛の弓)によって意味のあるものになり、創造的な旅へのガイドになります。

機能に関しては、この弓がエネルギーを取り込む機能についての[ミンディの]質問に気づきました。コルカスに対する私の答えは、私にはわかりません。私が見つけたとき、私は間違いなくここでも共有します。

祖母からの話を追加して、好奇心をかき立て、答えを見つけるのに役立つかもしれません。彼女にはエネルギーの友人がいて、彼は「バーグル」と呼ばれるツールを持っていて、それを使ってエネルギーの仕事をしていました。バーグルは環境内のエネルギーフィールドをキャプチャして移動しました。どうだったのかしら。多分それは環境との金属の相互作用でしたか?私はそれについて、そしてこの考えがエンチャントとどのように関係しているかについて考えます。一般的に、創造は内なる平和をもたらす精神修行であると私は考えているので、私は関係することができると思います。この機能の答えはいつか出てくるかもしれないと思います。

[Inyuki], šis lankelis yra visų pirma žaislas, o žaislų funkcija yra suaktyvinti vaizduotę su jais žaidžiant.

Dėl ritualo, taip ritualas yra esminė šios idėjos dalis. Šis lankelis veikia kaip naujovė ritualuose, kurie dažniausi vyksta būryje, o ne vienumoje kaip šiuo atveju. Ir kaip papuošalas, šis lankelis yra dėvimas vienumoje, o ne su aplinkiniais. Taip pat ritualai tradiciškai yra naudojami garbinimui ar žmogaus transformacijai iš vieno gyvenimo etapo į kitą. Tačiau nesu tikra ar ritualai yra naudojami kūrybiškam gyvenimui įprasminti. O Įgaudis tam ir skirtas.

Aštuonkojo simbolizmo šaknys yra Gyvųjų Sistemų filosofijoje, kuri sako, jog žmogus yra visatos vaikas, gebantis kurti su tokia pat energija, kaip kuria visata. O kūrybinis mąstymas ir refleksija ir yra raktas į tokį prasmingą kūrybinį procesą. Aštuonkojis čia pasirinktas neatsitiktinai, tai yra nelinijinio mąstymo, lankstumo, susisiejimo per fraktalus simbolis, kurio esmė - Gyvosios Sistemos - o žmogaus kūrybinis mąstymas, pats žmogus, planeta Žemė ir Visata taip pat ir yra tokios pačios gyvosios sistemos, bendrai veikiančios per tuos pačius principus.

Šiuo atveju simbolis nėra paliekamas būti simboliu, bet yra įprasminamas per naudingą daiktą - plaukų lankelį - ir tuo būdu tampa kūrybingo kelionės kelrodžiu.

O dėl funkcijos, esu pastebėjusi [Mindey] klausimą apie šio lankelio funkciją gaudyti energiją. Mano atsakymas kolkas yra nežinau. Kai sužinosiu būtinai pasidalinsiu ir čia.

Pridedu istoriją iš savo močiutės, kuri žadina mano smalsumą ir galbūt padės rasti atsakymus. Ji turėjo draugą energetiką, o jis turėjo tokį įrankį, vadinamą "virgule", su kuria jis dirbo energetinį darbą - virgulė pagaudavo energetinius laukus aplinkoje ir judėdavo. Mane domina, kaip tai vyko. Galbūt tai buvo metalo sąveika su aplinka? Galvoju apie tai ir kaip ši mintis siejasi su Įgaudžiu. Manau, kad gali sietis, nes apskritai aš laikau kūrybą dvasine praktika, kuri neša vidinę ramybę. Manau, kad atsakymas dėl funkcijos gali kažkada atsirasti irgi.



    : Inyuki
    :  -- 
    :  -- 
    

Ruta,

私はまた、私が考え、共生的にアイデアを発展させることを付け加えなければなりません。自分で答えが見つからないことがよくありますが、質問したり、他の人と共有している粒子をつなげたりします。したがって、このアイデアでも、他の人のアイデアでアイデアを修正し、共創が私たちをどこに連れて行くかを見るのは常に興味深いことです。

Taip pat turiu pridėti, jog mąstau ir vystau idėjas simbiotiškai. Dažnai nepati atrandu atsakymus, bet keliu klausimus ar jungiu daleles, pasidalintas kitų žmonių. Taigi ir šioje idėjoje visada įdomu idėją modifikuoti su kitų žmonių idėjomis ir pažiūrėti kur bendra-kūryba mus nuves.



    : Inyuki
    :  -- 
    :  -- 
    

Ruta,

タコは私にとってニューロンを象徴しています。

Aštunkojis man simbolizuoja neuroną.



    : Ruta
    :  -- 
    :  -- 
    

Mindey,

タコはまた、私にとって菌糸体ネットワークを象徴しています。歩くとき、人体は地球(ネットワーク)に触れます:2つのシステム間の相互作用。相互作用は常に何かを引き起こします。

The Octopus also symbolises a mycelium network for me. When walking, the human body touches the earth (the network): the interaction between two systems. The interaction always sparks something.