Database proxy

0  

One way to get decentralisation for free is to write a Postgres database server which is a simple text based protocol and distribute the resulting queries to peers P2P

YAML 発想

The use of a database proxy is how how vitess works.

This means programmers can write otherwise normal Django applications (such as 0oo) and database using applications as if they were centralised but the decentralisation and synchronization is distributed.


(通知しない) (不必要) ログインしてください。

私はすきです。したがって、私が正しく理解していれば、それらのハブサーバーをホストしているノードと、すべてのクライアントが利用できるサーバーアドレスのテーブルがあります。たぶん、それらのサーバーの存在を動的にすることができます たぶん、フレームワークを開発して、任意のアプリを配布サービスレスアプリに変換できますか?

I like that. So, if I understand right, there would be nodes hosting those hub servers, and some table of server addresses available to all clients. Maybe, those servers existence can be made dynamic Maybe, a framework can be developed to convert any app into a distribution serveless app?


はい。サーバーのサブセットがデータのサブセットをホストする(各レコードはサーバーに属する)か、これをアプリケーションから隠すことができます。これは私の分散結合のアイデアであり、別のアイデアがあります。

または、すべてのサーバーがすべてのデータをホストし、データがすべての人に均等に分散されます。基本的に、すべてのクエリはすべてのサーバーで実行され、同じ状態になります。 これまでに実行されたクエリの数であるデータベースバージョンを使用できます。サーバーが一時的にオフラインになっている場合は、最後に表示されたクエリから最新のクエリまでのクエリを順番に実行する必要があります。これは論理レプリケーションと呼ばれます。

Yes. Either a subset of servers hosts a subset of data (each record belongs to a server) this can be hidden from the application. This is my distributed join idea which I have a separate idea for.

Or all servers host all the data and the data is spread to everybody equally. Essentially all queries run on all servers to get to the same state. You could have a database version which is the number of queries executed so far and if a server has been offline for a time it just needs to execute queries from last seen query up to latest query, in order. That's called logical replication.