Socialising making money

+2  

Society has problems that have rewards, society should openly share ways of making money

YAML 発想

Making money is a fiercely guarded secret right now. It doesn't have to be. It could be openly shared to benefit society with competition.

I propose a marketplace of needs with monetary amounts shared. You should be able to earn money as-listed by simply doing a piece of work that is listed.

Jobs are a scam. They pay you a lump sum and work you to excess of what the lump sum pays for.

In essence, this idea is to monetize every task that a job involves and share the numbers.



(通知しない) (不必要) ログインしてください。

//金額を共有してニーズのマーケットプレイスを提案します。 //

同じニーズを同じ価格で評価する必要があると思いますか?砂漠のコップ一杯の水は、飢餓で死にかけている人にとって、金の塊の価値があるかもしれません。

//お金を稼ぐことは、今のところ厳重に守られている秘密です。そうである必要はありません。それは公然と共有され、競争によって社会に利益をもたらすことができます。

お金のクレイジーなことは、それが経済的コミュニケーションの媒体であり、お金を稼ぐことは本質的に、利益と相互の期待を一致させることです...このアイデアは、誰もが等しく社会的につながっているわけではないという事実をどのように解決しますか?

// I propose a marketplace of needs with monetary amounts shared. //

Are you assuming that same needs got to be valued at same price? A glass of water in a desert may be worth a lump of gold for a person who is dying out of starvation.

// Making money is a fiercely guarded secret right now. It doesn't have to be. It could be openly shared to benefit society with competition.

The crazy thing about money, is that it's a medium of economic communication, and making money is essentially, aligning interests and mutual expectations... How does this idea solve the fact that not everyone is equally socially connected?


//同じニーズを同じ価格で評価する必要があると思いますか?砂漠のコップ一杯の水は、飢餓で死にかけている人にとって、金の塊の価値があるかもしれません。 //

市場でサービスや製品に支払っても構わないと思っている金額を入札できるはずです。売りたい商品をリストアップできるはずです。金融業界は、これを恣意的なことに対して行うことを非常に困難にしています。したがって、お金を稼ぐための社会化されたメカニズムが必要です。非常に大きな市場を持つ電話アプリになるのではないかと思います。すべてのジョブは、一連のタスクにまとめられます。

市場の秘密はありません。私は市場を見て、さまざまなタスクを実行することで稼ぐことができるお金を見て、お金を稼ぐ方法を理解できるはずです。

// Are you assuming that same needs got to be valued at same price? A glass of water in a desert may be worth a lump of gold for a person who is dying out of starvation. //

I should be able to bid an amount I'm willing to pay for a service or product in a marketplace. I should be able to list an item I am willing to sell for. The finance industry makes this very hard to do for arbitrary things. So we need a socialized mechanism for making money. I suspect it would be a phone app with an extremely large marketplace. Every job is distilled to a set of tasks.

There would be no market secrets. I should be able to work out how to make money by looking at the market place and seeing the money I can earn by doing different tasks.


Yahoo SM(Google AdWordsの競合他社)wasかつては透明な市場で、「誰に入札しているのか、何に入札しているのかを確認できるので、ランク付けする場所と金額を正確に把握できます。支払います"。 :)

それで、あなたが提案しているのは、ある種のオープンデータベースまたは成行注文の集約ですよね?それは間違いなくWantsfilesWants Manifestosのアイデアに関連しています。 / 974 / make-generic-manifestos-of-what-all-people-want#1599114639)。

それに関する問題は人々のプライバシーです:人々は複数の理由のために彼らの注文が常に見えることを望んでいません:

-競合他社は、誰から購入しているかを確認できます -イデオロギー的に異なるとお互いを軽蔑します

(彼らは知らないでお互いに友好的ですが)

それで、どのようにそれを解決しますか?人々は、共有するものが公開されていることを知っている大きな公開市場を1つ持つべきであり、オプションで暗号化された注文を持つことができますか、それとも他にどのように提案しますか?

考えてみてください。実際、すべての検索クエリは成行注文であり、「カテゴリ」は「クエリ」です:)明らかに、Googleにはたくさんのクエリを受け取っており、すべての「クエリ」がカテゴリである場合、これらの検索注文(市場の需要)をリンクの抜粋(市場の供給)で満たすために、それらを階層的にグループ化しています。

そのように考えると、すべての要求/応答(またはクライアント/サーバー)システムを注文処理装置と見なすことができることがわかります。注文を履行するためのコストは通常、計算時間、人的時間、および機械加工時間であるため、そのような注文のコストを測定することができます。例えば:

-友達にパーティーを頼む->(人間のみ) -準備ができたダムコーヒーマシンでカップを作る->(マシンのみ) -ビットコインを購入する->(計算のみ) -Amazonで商品を購入する->(計算、人間、機械)

世界の秩序についてのこのようなオープンな知識があれば、どこでお金を稼ぐかを理解することは可能であると想像するのは簡単ですが、「計算お金」と「人間のお金」と「なぜなら、人間の脳(現在のBCI機能を備えている)は、マシンが可能なビットコインの量をマイニングすることは決してなく、コンピューター(現在のI / O機能を備えている)は、行くつもりの友人と散歩に行くことは決してないからです。人間ができるように、一緒に何かをする。

意外かもしれませんが、ほとんどの法定紙幣(「人間が定義したお金」と呼びます)は、単に意味のある友情を築くことで稼ぐことができます。そして、それらの注文を供給注文として満たそうとする毎日のフィード)、最も金儲けの注文は、BS(法定紙幣が発生する銀行セクター)およびB2B需給市場内で行われています。

BoardEx(およびその他の金融政治データベースなどのデータから銀行セクターにソーシャルネットワークがあると想像してみてください。 edu / pages / about / data-vendors /))、および特定の証券(「ポリシー」など)を持つリーダーの政治的ニーズ(または「デマンドオーダー」)が市場に出回っていました。私はそれが最大の入札と法定紙幣を稼ぐ機会を持つそれらの場所の1つになると思います。ただし、実際、ポリシーに関する情報は非常にオープンですが、特定の作業要求を伴うダウンストリームオーダーは、透明性の低いさまざまなB2Bマーケットプレイスにあることが多いため、それほどオープンではありません。

Yahoo SM (competitor of Google AdWords) was once a transparent market with "allows you to see who you are bidding against and what they are bidding, so you know exactly where you will rank, and how much you will pay". :)

So, what you're proposing, is some kind of open database or aggregation of market orders, right? It definitely relates to your idea of Wantsfiles and Wants Manifestos.

A problem with that is people's privacy: people don't always want their orders be visible due to multiple reasons:

  • competitors will see who they are buying from
  • ideologically different will despise each others (while they are friendly to each other not knowing)

So, how do you resolve that? Should people have one big open market, where they know that what they share there is public, and then they can have encrypted orders optionally, or how else would you propose?

Think about it -- in fact, every search query is a market order, and I think, "Categories" are "Queries" :) Obviously, Google has been getting lots of queries, and if every "Query" is a category, it has been hierarchically grouping them to fill these search orders (market demand) with link excerpts (market supply).

Thinking that way, we can see that every request-response (or client-server) system can be viewed as order-filling apparatus. Since the cost of fulfilling an order is usually computational-time, and human-time, and machining-time, you could measure the cost of said orders as such. For example:

  • ask a friend to a party -> (human-only)
  • make a cup with ready dumb coffee machine -> (machine-only)
  • buy bitcoin -> (computational-only)
  • buy a product on Amazon -> (computational, human, machine)

It is easy to imagine that, given such open knowledge about world's orders, it would be possible to figure out where to make money, but it is also important to make a distinction between "compute-money" and "human-money" and "machine-money", because human brain (with current BCI capabilities) will never mine the amount of bitcoin that a machine can, and a computer (with current I/O capabilities) will never go for a walk with a friend with intentions to go doing something together, as humans can.

It may be surprising, but most fiat money (call it "human-defined money"), can be made by simply making meaningful friendships, and while Facebook may be trying to fill those orders (with everyone's interaction behavior histories as standing demand orders, and daily feeds trying to fill those orders as supply orders), the most money-making orders is being made within the BS (banking sector, where the fiat money originates) and B2B supply-demand marketplaces.

Imagine if banking sector would have a social network from data like on BoardEx (and from other financio-political databases), and political needs (or "demand orders") of leaders to have certain securities (say "policies") were on the market. I think that would be one of those places with greatest bids, and opportunities in making fiat money. However, indeed, while information about policies is quite open, the downstream orders with specific work demands are less so, because they are often on various B2B marketplaces with less transparency.



    : Ruta
    :  -- 
    :  -- 
    

--Mindey,

競争は良いことです。

あなたと同じことをしたい他の人々を破壊することは、競争も破壊します。そして、企業は合法的な競争を嫌います。彼らはむしろ独占になりたい。独占は本当に非効率的です。

私は透明な市場を心配しています。会社はスタートアップして人を雇い、すべての仕事を引き受け、他の誰にも仕事を引き受ける機会を与えません。

社会はあなたの競争を破壊する手段としての競争としてこの考えを逃れる必要があると思います。同じサービスを提供している人が複数いる場合に便利です。そのため、価格、品質、ブランディングで競争することができます。しかし、あなたの競争を破壊し、堀を作るというこの考えは本当に有害です。私たちは、人々が無関係になることを恐れない社会を持つべきです。

Competition is a good thing.

Destroying other people who want to do the same thing as you is also destroying competition. And companies hate legitimate competition. They would rather be a monopoly. Monopolies are really inefficient.

I worry with a transparent marketplace, a company would startup and hire people to pick up all the work and give nobody else a chance to pick up the work.

I think society needs to escape this idea as competition as a means of destroying your competition. it's good when there are multiple people offering the same services. So they can compete on price, quality and branding. But this idea of destroying your competition and creating moats is really harmful. We should have a society where people don't fear being made irrelevant.



    : Mindey
    :  -- 
    :  -- 
    

--chronological,

//競合他社は、誰から購入しているかを確認します//

あなたのビジネスがあなたの供給者の秘密だけに依存しているなら、あなたのビジネスは商品であることから一歩離れています。

// competitors will see who they are buying from //

if your business depends solely on your supplier secrecy, then your business is one step away from being a commodity.



    : Mindey
    :  -- 
    :  -- 
    

--chronological,

競争が問題だと思います。コラボレーションするほうがいいです。それははるかに効率的であり、あなたが説明するすべての問題を処理し、人々を破壊するのではなく、すべての人を繁栄に育てます。しかし、それは解決すべき間違った問題です。あなたは人々に言うことはできません、今協力してください。動作しません。それは支配的な文化をより共有する多様性に変えることの問題です。ここでやめたほうがいい。

I think competition is the problem. Its better to collaborate. Its more efficient by far, and takes care of all the problems you describe, and does not destroy people but upbrings everyone to prosperity. But, thats the wrong problem to be solving. You cant tell people, collaborate now. Not gonna work. Its the matter of changing dominant culture to a more sharing variety. I better stop here.


IT契約は、クラウドシステムの開発に数百万ポンドの費用がかかる可能性があります。

インフィニティファミリーの十分な数の人々が集まった場合、情報システムの公開入札に入札することができます。

IT contracts can cost millions of £££ for development of cloud systems.

If enough people on Infinity family congregated we could do bids on public tendor for information systems.



    : Mindey
    :  -- 
    :  -- 
    

--chronological,