親カテゴリー: 教育Lifelong Learning

Empowering Humans to Think and Decide

YAML 問題

In a sense, you are what you decide. However, to grasp the context of all that truly matters, people need the ability to consume and process data from a variety of sources in real time, and compute with it. Human brains are not adapted to do this rate of new information, and so, various systems exist to answer specific questions. However, there is no single tool to coherently combine them all the personal research that individuals have into their personal, reusable, actionable and programmable digital assets, which, at individual level, prevents them from competing with large organizations, that do have advanced decision support systems.

We need to empower individual humans to think and decide with automated data acquistion and reasoning systems, so that they stay relevant in age of information explosion, and the rise of AI-powered organizations.




投票 (不必要) (通知しない) (不必要)
ログインしてください。

[重要としてマーク]、これはタグになりますか?

[marked-as-important], could this be a tag?


人間はすべての種の地球の生命に影響を与えるので、人々がよりよく考えることができるようにすることが鍵です。

「個人が持っているすべての個人的な調査を、個人の再利用可能で実用的なプログラム可能なデジタル資産に首尾一貫して組み合わせる単一のツールはありません。」

-知識とノウハウを個人のライブラリーに整理するためのツールが役立つでしょう。

Humans impact life on Earth for all species, so it is key to enable people to think better.

"there is no single tool to coherently combine them all the personal research that individuals have into their personal, reusable, actionable and programmable digital assets" -- A tool for organising knowledge and know-how into personal libraries would be helpful.


さて、この時点で、そこにある最高のものは、特定のメモを取るシステムです。他の人より理想に近づく人もいます。たとえば、[zim-wiki.org](https://zim-wiki.org)は、デスクトップやコーディングスキルのない人にとっては非常に便利です。たとえば、Dynalist mobileのようなものが最初にオフラインになるので、ジャングルや地下鉄など、オフラインでメモをとることができます。ただし、これらのシステムのどちらでも、実際に電子メールに返信したり、テレグラムボットで実行できるような他の高度なアクションを実行したりすることはできません。ここで、ナレッジシステム(ダイナリストのようなもの)に、特定のリスト(マリボックスからの電子メールのリストなど)用のテレグラムボットのようなものがあり、アクションを呼び出すことができると想像してください。それが個人的および私的な知識で私たちが望んでいることです-それからリモートシステムで直接アクションを実行する能力。それは理想的には一連のオープンソースドライバーによって実装され、[metadrive](/ project / 854 / Metadrive)のアプリケーションの1つになる可能性がありますが、まだ本番環境には対応していません。しかし、私たちが考え、決定する必要があるすべてのシステムを、ユーザーの指先で簡単な方法で提供できれば素晴らしいと思います。

Well, at this point, the best that is out there, is certain note-taking systems. Some come close to the ideal than others. For example, zim-wiki.org is pretty good for desktop, and for people without coding skills. Something like, e.g., Dynalist mobile is off-line first, meaning you can make notes while offline, in some jungle or a subway. However, in neither of these systems you can actually reply to your e-mails, or do other advanced actions, like those that you can do with Telegram bots. Now, imagine that your knowledge system (something like Dynalist) had something like Telegram bots for certain lists (e.g., list of E-mails from your malibox), that let you call actions on them. That is what we'd want in the personal and private knowledge, -- ability to take actions on remote systems directly from it. That would ideally be implemented by a bunch of open source drivers, and I envision that could be one of the applications for the metadrive, which is still not production-ready. However, I think it would be great to have all systems that we need to think and decide at the user's fingertips, in a simple way.


私は決定を助けるために2つのシステムに取り組みました

1つはファクトコレクターと呼ばれ、もう1つは相関エンジンと呼ばれます。

I worked on two systems to help deciding

one is called fact collector and the other is correlation engine



    : Mindey
    :  -- 
    :  -- 
    

chronological,
[+]

誰かが考えることを話すことと考えるなら、あなたは考えることをクエリの作成と考えることができます。

あなたは考えを探求し、「as」という言葉を使います。

したがって、人々がネットワーク化され、コミュニケーションが人々の間のリンクであると想像してください。人々を完全にリンクされた格子に結合すると、回復力のあるコミュニケーションが得られます。

これは「as」の考え方です。あるものを別のものと見なします。

ここから、私たちはモーダスポネンス、モーダストレンス、および私たちの思考の効果や意味を分離するための誘拐的および帰納的および演繹的推論に依存しています。

人々はよりよく考えるためにクエリの作成に長けている必要があります。

ファクトコレクターを作成したとき、論理プログラミング言語のプロローグを使用して、任意のファクトを推論することができました。私は、好きな人が私を好きではない場合は、それらに注意する必要があるというルールを作成しました。このルールは次のように表されました

推論and(likes(sam、X)、\(likes(X、sam)))。 "、

ここで、\は「ない」を意味します。

良いクエリを考えることができれば、効果的に考えることができます。 whatifの質問を生成します。人々がより意味のある目的のある存在をより幸せに暮らせるようにするために使用できるデータは豊富にあります

If someone thinks of thinking as talking, then you can think of thinking as query creation.

You explore a thought and you use the word "as".

So imagine people being networked and communication being links between people. Combine people into a fully linked lattice and you have a resilient communication.

This is an "as" thought - seeing one thing as another thing.

From here we rely on modus ponens, modus tollens and abductive and inductive and deductive reasoning to isolate effects or meaning of our thinking.

People need to get good at query creation to think better.

When I created fact collector I could reason over arbitrary facts using a logic programming language prolog. I created a rule that was if someone I liked doesn't like me then I am to be cautious of them. This rule was represented as

Inference and(likes(sam, X), +(likes(X, sam))).",

Where + means "not".

If you can think of good queries you can think effectively. Generate what if questions. There is an abundance of data that could be used to cause people to be happier live more meaningful purposeful existences


言語