Raising awareness of Infinity family

How do we bring people toward Infinity family?

YAML 問題

We need members to use Infinity family to create a buzzing marketplace.


子カテゴリはありません。

投票 (不必要) (通知しない) (不必要)
ログインしてください。

おそらくそれを共同データプロジェクトにすることによって?多くの影響を重視する組織は、スプレッドシートを使用してデータと階層を整理する傾向があることに気づきました。これは主にGoogleスプレッドシートまたはAirtableです。 InfinityのデータをGoogleSheetsやAirtableと同期させていました。ただし、サイトの動作が遅くなるのを避けるために、メッセージブローカーを設定するまで同期を一時停止しました。さらに、Google SheetsとAirtableの代わりに、データのコラボレーションにオープンソースのBaseRowを使用するとよいと思います。 Infinityをコラボレーションデータプロジェクトにすることは、テクノロジーに精通した人々や組織をInfinityファミリーにまとめるのに役立つようにするために不可欠だと思います。ウィキペディアのように、データソース(クロールやAPI統合など)をこの共有データプールのアイテムに接続して推論する機能をユーザーに提供することは、Infinityが関連性に到達するために必要なことの1つです。インフィニティにはある種の「ウィキペディア・フォー・ドゥーイング」があると思います。

//賑やかなマーケットプレイス。

新規参入者への価値提案の中には、新しい質問やアイデアに建設的な批評をする常連客(発明評価者など)がたくさんいるというものもあります。それは、専用の電報チャネルを使用して、利害関係者を連れてくることで実現し始めることができると思います。特許庁の従業員を招待する必要がありますか? :)

Perhaps by making it a collaborative data project? I've noticed that many impact-focused organizations tend to use spreadsheets to organize their data and hierarchies, which is -- mostly Google Sheets, or Airtable. I had made synchronization of data of Infinity with Google Sheets and Airtable. However, I have paused the synchronization after until I set up message-broker to avoid them slowing down the site's operation. Additionally, I think, instead of Google Sheets and Airtable, it would be good to use open source BaseRow for collaboration on data. I think, making Infinity into a collaborative data project is essential for making it useful for bringing more tech-savvy people and organizations together to the Infinity Family. Accomodating users with the ability to connect data sources (like crawls and API integrations) to this shared data pool of items to reason with, are among the things needed for Infinity to reach relevance, like Wikipedia had. I think of Infinity has "Wikipedia for Doing" of sorts.

// buzzing marketplace.

Among the value propositions to newcomers may be, that there's a bunch of regulars (like invention evaluators), who give constructive critique to new questions, ideas. I think, that can begin to realized using dedicated Telegram channels, and bringing the interested parties: should we invite employees of patent offices? :)


グッドコール[時系列]!私には、Infinityは、単に考え、読み、コメントし、書くために1日の時間を過ごすのが好きな特定のタイプの人々のためのもののようです。例えば:

Non-Linear Thinkers:研究者、ブロガー、ジャーナリストのように、複数の興味について考え、さまざまなトピックを探索し、本を読み、ブックマークし、メモを収集し、考えを書き留めることを楽しむ人々。

好奇心旺盛なコメンテーター:ブログコメンテーター、LinkedInコメンテーター、Redditコメンテーターなど、さまざまなトピックについて読んだり、コメントや洞察を共有したりすることを楽しむ人々。

経理を愛する人:自分の創造的な努力を文書化するのが好きな人、おそらくライフログ、定量化された自己、オープンなプロジェクト管理に興味がある人、おそらくウィキペディア、図書館員、プロジェクトおよび製品マネージャーなどを使用する人。

私がインフィニティファミリーに何人かの友人を招待したので、私はこれを言っていますが、彼らはそれを使用していません:)ですから、彼らはおそらく何時間も考えたり考えを整理したりするような趣味を持っていないことを理解しています。

それから私のデザイン作業に基づいて、すべてのテクノロジーは特定の行動を楽しむ特定のタイプの人々のためのものであることに気付きました。インフィニティファミリーの場合、この行動は最初に考えて書くようです。

では、それらの思想家を最初にどこで見つけるのでしょうか?探索して招待しましょう;)

Good call [chronological]! To me it seems that Infinity is for a certain type of people who love spending hours of their day simply to think, read, comment, write. For example:

Non-Linear Thinkers: People who enjoy thinking about multiple interests, exploring various topics, reading books, bookmarking, collecting notes and writing thoughts down like researchers, bloggers, journalists.

Curious Commentators: People who enjoy reading about various topics and sharing comments and insights, like blog commentators, LinkedIn commentators, Reddit commentators, etc.

Accounting-Loving Doers: People who love documenting their creative efforts, perhaps people interested in lifelogging, quantified self, open project management, perhaps people who use Wikipedia, librariars, project and product managers, etc.

I'm saying this because I invited some friends to Infinity Family but they don't use it :) So I realise they probably don't have such a hobby to spend hours thinking and organising thinking.

Then based on my design work I realised that every technology is for a certain type of people who enjoy certain behaviours, and in Infinity Family case this behaviour seems to be thinking and writing first.

So, where do we find those thinkers first? Let's explore and invite ;)


私にとって、インフィニティファミリーは、それ自体を開発するために使用されるため、MVPステージを過ぎても完全な機能であると考えていました。

地理的地域やハッカースペースの状況を追跡するために、大学のプロジェクト、コミュニティ、社会的企業、およびInfinityファミリーを使用するスタートアップが必要です。

/ r /sideプロジェクトとProductHuntに関するRedditの投稿、KickstarterはInfinityファミリーを立ち上げる場所になるはずだと思います。

しかし、これらすべては、元の提案を作成するために多くの努力を必要とします。 Product Huntは、製品を文書化した高品質の情報ページを期待しています。 Kickstarterには管理タスクが必要です。

I was thinking that to me Infinity family is feature complete even past the MVP stage as it is used to develop itself.

We need University projects and community and social enterprises and startups using Infinity family to track things for their geographic region and hackerspaces.

I think a Reddit post on /r/side projects and Product Hunt, Kickstarter should be places to launch Infinity family.

But all these requires a lot of effort to create the original proposal. Product Hunt expects a high quality information page documenting the product. Kickstarter requires administration tasks.


私はあなたのルタに完全に同意します。

私は、自分が快適になり、それに取り組むのに十分なアイデアを信じるまで、アイデアや考えについて話すことを楽しんでいます。

物事の社会的創造は未来だと思います。インフィニティファミリーを使用する十分な数の人々がいると、将来はとても素晴らしいものになる可能性があります。

健康上の問題があるため、現時点では、他のグループよりも、あなたの類型学の「好奇心旺盛なコメンテーター」グループに当てはまる可能性があります。しかし、正しいアイデアが浮かんだら、プロジェクトに追加したり、プロジェクトを開始したりできると確信しています。物事がどのように機能するのか、あるいはどのように機能するのかについて、まだ詳細な話をしていません。他の人の考えや気持ちを聞きたいと思っています。

I completely agree with you Ruta.

I enjoy talking of ideas and thoughts until I get comfortable and have faith in the idea enough to work on it.

I believe social creation of things is the future. The future could be so amazing with enough people using Infinity family.

I might fit more into the "Curious Commentators" group of your typology more than the other groups at this time due to health problems. But I am sure if the right idea came along I would be capable of adding to the project or starting the project. I feel I hast yet to enter in an in depth talk on a subject how things would or should work and I am eager to hear other people's thoughts and feelings


Infinityファミリーのコラボレーションデータプラットフォームの価値を見ることができます。私自身、P2PデータストレージAPIまたはプラットフォームが必要です。神がそれを望んでおられるなら、私はこの問題に取り組むのに少し時間を費やすでしょう。

ハーフベーカリーは、完全に真面目ではないアイデアの話し合いの場だと思います。しかし、そこには良いアイデアがあります。しかし、アイデアをさらに進めて、アイデアの話し合いを続ける方法については、実際の合意はありません。

委員会は、1人のメンバーの影響力を弱め、多くの個人の好みや好みを一度に解決しようとするため、アイデアにとって危険です。しかし、これらの委員会とワーキンググループおよびRFCの結果は、インターネット標準とさまざまなインターネットプロトコルです。他のAPIプロトコルプラットフォームは、ビットトレントやビットコインなどの一人の努力です。

I can see the value in collaborative data platform for Infinity family. I myself want P2P data storage APIs or platforms. If God wills it I wilt spend some time working on this problem.

I kind of see half bakery as a talking platform for ideas that aren't completely serious. But there are good ideas on there. But there's no real agreement on how to take ideas further and keep the talking of the ideas going.

Committees are dangerous to ideas as they cause dilution of any one member's influence and try to solve many individuals tastes and preferences at once. But the outcome of these committees and working groups and RFCs is the Internet Standards and various internet protocols. Whereas other APIs protocols platforms are one man efforts such as Bit Torrent and Bitcoin.



    : Mindey
    :  -- 
    :  -- 
    

chronological,

コアサークル内でより多くの振動が回転するほど、生成されるエネルギーと共鳴が、同じ考えの、または「同じ目の」人々を引き込むように感じます...

私の2セント...

それはフォーラムとして...

マーケットプレイスとして...私は戻ってきてアイデアを書きたいと思っています...マーケットプレイスの考え方が大好きなので...交換、取引、価値創造、価値共有...持続可能性、動詞としての「成長」...

I feel the more vibrations spin within the core circle, the energies and resonance created will pull like-minded or "like-eyed" peops in...

my 2 cents...

thats as a forum...

As a marketplace... I hope to come back and write ideas... as I love marketplace thinkings... exchange, transactions, value creation, value sharing... sustainability, "growing" as a verb...


言語