Self-Organised Learning Communities

What's the optimum size for a learning group?

YAML 問題

Learning in a group has benefits (speed up understanding, see new perspectives, solve problems faster, boost motivation). But what's the best size for learning groups?

Background info: Inspired by educator Sugata Mitra project "Hole in the Wall", I question how learning could spread outside education institutions and more as culture in our world. Also when reading B.Fuller's ideas on synergetics and systems (book "A Fuller Explanation"), I got to know about a min.system pattern found in nature called tetrahedron.

Here, I wonder, if a min. size of a learning group is 4? And is it the best size?

I'm curiois because I'd love to facilitate multiple learning groups!


子カテゴリはありません。

投票 (不必要) (通知しない) (不必要)
ログインしてください。

また、スガタ:ミトラの自己組織化の探求にも触発されました。 JeremyLentの本TheWeb of Meaningは、自然のパターンと人間の活動に適用される自己組織化の概念を探求しています。

「これらのパターンは本質的に壮観であるため、それらが表す原則は人間の活動にも当てはまります。胚がどのように発達するか、進化がどのように起こるか、生態系のダイナミクス、都市がどのように機能するか、市場がどのように変動するか、そして文明がどのように上下するかを調べているかどうかにかかわらず、多くの原則は同じままです。これらの自己組織化のパターンが適用される広大な地形に気付くと、それらを理解することがいかに重要であるかを理解し始めます。」

四旬節、ジェレミー。意味のウェブ(pp.102-103)。新社会出版社。キンドル版。

I was also inspired by Sugata Mitra’s explorations of self-organization. Jeremy Lent’s book, The Web of Meaning, explores the concept of self-organization as it applies to patterns of nature and to human activity.

“Spectacular as these patterns are in nature, the principles they represent also apply to human activity. Whether we’re looking at how an embryo develops, how evolution occurs, the dynamics of an ecosystem, how cities operate, how markets fluctuate, and even how civilizations rise and fall, many principles remain the same. When we realize the vast terrain over which these patterns of self-organization apply, we begin to comprehend how crucial it is to understand them.”

Lent, Jeremy. The Web of Meaning (pp. 102-103). New Society Publishers. Kindle Edition.



    : Ruta
    : Mindey
    :  -- 
    

--bauhouse,
[+]

その[バウハウス]が大好きです、一緒に探索してくれてありがとう!

あなたの引用から、私たちはシステムがどのように機能するかについての自己組織化について同意しているようです。

しかし、システムの誕生はどうですか?自己組織化されたシステムはどのように生まれますか?自己組織化された学習コミュニティを探す場合、システムの始まりを探求するのは興味深いことです。それとも、始まりは純粋なランダム性ですか?

Love that [bauhouse], thanks for exploring together!

From your quote it seems that we agree about self-organisation on how systems function.

But how about the birth of systems? How do self-organised systems birth? If we seek a self-organised learning community, then the beginnings of systems are interesting to explore. Or are beginnings just pure randomness?


いいえ、ランダムではありません。それぞれの始まりは、他のプロセスでの反復です。そのすべてがフラクタルであることを忘れないでください。始まりは単なるフォークであり、起こりうる結果の具体化です。

No,not random. each beginning is iteration on other process. Remember, its all fractal. Beginning is just a fork, instantiation of possible outcome.


私はその主題に非常に興味があります。私は、学習と教育を組織構造の有機的な部分と見なしています。構造物の自由度を維持し、人々がその中で自由に移動できるようにすることが不可欠です。私は位置をノードとして想像し、人々は自由粒子が好きで、それらのノードに塊でくっついています。そのため、コミュニティが提供するのではなく、私たちが提供する教育ツールを使用して、共同作業者のチームがお互いに教え、指導するマネージャーの役​​職に就いています。それでも、私たちはそれを実践し、シードツールを作成し、それらをソラレアで取引し、コミュニティに引き継いで進化させる必要があります。それが私たちの教育産業になります。分散型で有機的な、独自の経済であり、既存の教育者とツールを使用していますが、自由の構造は異なります。それはどの業界にも当てはまります。これは一種の解決策です。

Im very interested in that subject. I see learning and teaching as an organic part of any organizational structure. Its essential to maintain degrees of freedom in the structure, so people can freely move within it. I envision positions as nodes, and people like free particles, sticking around in clumps to those nodes. So a manager position occupied by a team of collaborators, teaching and mentoring each other, using the instructional tools we provide, rather community provides. Still, we have to practice it, create the seed tools, trade them in solarea, and let community take over and evolve it. That will be our educational industry. Distributed and organic, an economy of iys own, prbly using the existing educators and tools, but in a different structure of freedom. That applies to any industry. This is a type, of solution.


宇宙は、時の距離から、新たに生まれたように見えます。パンデミックを観察すると、すべてのビッグバンは相転移であることがわかりました。沸騰したお湯のように。まず、いくつかのバブルがマージを開始し、インフレフェーズが始まります。マージが迅速に行われると、古い構造が爆発的に新しい構造に変換されます。その構造変換。関数、ゲージとしてモデル化できます。私のロジックエンジンでこれらの関数を構築しています。したがって、すべての始まりは、成功した場合、精神を引き継ぎ、広がり、そして運動になります。そして、あなたが成功したいのなら、その流れに沿って進んでください。最善は、どんなアイデアにも高い道徳的価値を付けて、それを手放すことです。私はそれをソーシャルハッキングと呼んでいます。真剣に、私はコミュニティが自由と優しさを最適化するために、どのように自分自身を導くことができるかを見ています。これらは、ゲージで測定し、コミュニティダッシュボードのダイヤルで調整し、コミュニティピアレビューの下で、ブロックチェーンnftに体系化することができます。それが私がsolareaが提供すると思うものです。

Universes only seem to be born anew, from the distance of time. Observing the pandemic, i realized, every big bang is a phase transition. Like water boiling. First, a few bubbles, they start merging, and inflationary phase begins, when mergers quickly, explosively transform the old structure into new one. Its a structure transform. It can be modelled as a function, a gauge. Im building these functions in my logic engine. So, every beginning, if successful, takes over the minds, spreads, and becomes a movement. And, if you wanna succeed, go with that flow. Best is to attach a high moral value to any idea, and let it go. I call it social hacking . Seriously, i see how communities can self guide themselves, to optimize freedom and kindness. These can be measured by gauges and adjusted by dials on community dashboard, under community peer review, and codified into a blockchain nft. Thats what i see solarea to provide.


ソーシャルハッキングを誤解しないでください。それは単にコミュニティが軌道に乗るのを助けることを意味します。そして、あなたはアイデアに道徳的価値を付けませんが、あなたのアイデアがあなたよりも他の人に利益をもたらす方法を見つけます。あなたのカルマがあなたの面倒を見てくれます。コミュニティファーストのアプローチを考えてください。

Dont misunderstand social hacking. It simply means helping communities to stay on track. And, you dont attach moral value to ideas, but find a way for your idea to benefit others even more then you. Your karma will take care of you. Think community first approach.