親カテゴリー: Innovation.

Breakthroughs in Societies

Which societies produce breakthrough technology?

YAML 問題

A small number of societies have produced almost all of the breakthrough technologies in human history. Social conditions that allow rapid innovation in technology and industry are rare and fragile. What are these conditions? How do they translate into technological progress?

This interesting question comes from this on-line meeting: Ben Landau, Bismarck Analysis, via Foresight Institute.


子カテゴリはありません。

投票 (不必要) (通知しない) (不必要)
ログインしてください。

おそらく、多様な人々(都市などの多文化の場所)間の相互作用を促進し、アイデアのコピーを促進する社会(中国)。

Perhaps those societies that facilitate interactions between diverse people (multi-cultural places like cities) and encourage idea copying (China).


言い換えれば、ベンランダウの3つの主要なポイントは、多くの画期的なテクノロジーを利用している社会のすべてのケースで特定されました。

1。経済生産に近い富の蓄積。 _経済生産に非常に密接に関与している人々の手に富が蓄積され、社会におけるその力の源泉は、生の経済生産そのものです。ここで、「累積」は「収入」ではありません(支出=収入の場合、何も累積しません)。この声明は特定の個人についてではなく、一般的に社会についてです(「ズームアウトして、山積みされた富がどこに展開されているかを見てみれば」)。たとえば、司祭や宗教上の人物が富を蓄積している社会(初期​​メソポタミア、または初期の中世ヨーロッパ)を見つけることができます。政治指導者が(ローマ帝国のように)富を蓄積する社会を見つけることができます。また、人々自身が経済生産に深く関与するようになる社会(職人、農民、産業家)を見つけ、余剰を積み上げて蓄積し、それをどのように展開するかを決定します。あなたがこれをしているとき、それは収入を得ることを可能にするだけでなく、あなたが重要な方法で社会を再形成するために使うことができる富の山も持っています。

_また、蓄積についての1つの興味深いことは、それが業界のサイズだけに関連する傾向が少ないことであり、それが成長して新しいかどうか、物事が拡大して比較的重要になっているかどうかに大きく関係するということです政治的に関連する財産の蓄積を見るため。

経済的生産に密接に関与している人々、権限が与えられている場合、彼らは介入が変化をもたらすことができ、それが画期的な技術の創造に貢献します。一方、ローマ帝国のように将軍と総督の間で蓄積が起こっているとき、これらの人々は奴隷によって働いている大きな農場からお金を稼いでおり、彼らは実際には関与しておらず、農業の仕組みを知らない。彼らは彼らがしていることではないので、彼らは農業で革新するつもりはありません-彼らはあなたがより豊かになる方法は他の国を征服することによってあることを知っています。もちろん、それらは軍事的な意味で革新的です...

2。混乱への耐性。 新しいパワーベースに比較的耐性のある文化、および大規模に物事を行うための新しい方法を考え出す人々が必要です。それは、多くの場合、移住している物に本当に局所的に損害を与える可能性があります。ジョセフ・シュンペーターはこれを「創造的破壊のプロセス」と呼んでいます-「古い産業が破壊されるように、以前のものよりもはるかにうまく機能する新しい産業がやって来ます」(たとえば、スーパーマーケットがパン屋や緑の食料品店、肉屋に取って代わる) )。今日ではこれを「混乱」と呼んでいます。これは、確立されたメディアソースが新しいインターネットベースのメディアソースに置き換わっている通信技術の場合に最も明白です。破壊耐性は低い場合があります。たとえば、Uberは破壊的なテクノロジーの1つと考えることができますが、フランスでは、タクシー運転手が暴動を起こしてUberドライバーの車を破壊しました。新しいことをしている人々に対して法的許容範囲があるので、あなたはアメリカではそれが起こりません。それは、たとえば米国のように、前例に基づいた事後的な慣行があるように、法律でさえあるかもしれません-「あなたは何でもします、そして、それが良いかどうか後で決定します」。 -対ヨーロッパの場合と同様「合法になる前に、事物を法律で定義する必要があります。」

3。論理に基づく文化。 _文化において非常に目立つ、非常に論理的な考え方の集まり。非常に優れた物理工学を行うには、この種の非常に論理的な思考、つまり非常に分析に慣れている人が十分にいる必要があります。これにより、経験的な側面だけでなく、仮説を立てて思考することもできます。結果を調査する世代。現代の世界では、これは「科学的唯物論」、「合理性」と呼ばれるものであり、これには非常にうまく機能しているようです。物理的なテクノロジーを備えた他の文化では、これと同等のもの、たとえば学識主義や合法主義、または「雑草に侵入するオタク」のための幅広い社会的空間を提供するある種の非常に論理的な文化が見られます。これは経験的な主張ですが、インクリメンタルテクノロジーと画期的なテクノロジーの両方に必要となる可能性のある、大規模なエンジニアリングの種類を実行するために必要なことであると言えます。

Paraphrasing, the 3 main points from Ben Landau were identified in all the cases of societies, in which you're getting lots of breakthrough technology:

1. Wealth accumulation close to economic production. Accumulation of wealth in the hands of people who are very closely involved in the economic production, and the source of their power in society is the raw economic production itself. Here, "accumulation" is not "income" (if your expenses = income, you're not accumulating anything). This statement is not about particular individuals, but at the society in general ("if you zoom out, and look where the piles of wealth are deployed"). You can find societies that, for example, have priests or religious figures accumulating wealth (early Mesopotamian, or early Medieval Europe). You can find societies, where political leaders accumulate wealth (like in Roman Empire). You can also find societies where people themselves come to be deeply involved in the economic production (craftsmen, farmers, industrialists) the ones who are building up and accumulating the surplus, and deciding how to deploy it. When you're doing this, it does not only allow to have income, but also have piles of wealth, that you can use to reshape society in important ways.

Also, one interesting thing about the accumulation, is that it tends to be associated less with just the size of the industry, and a lot more with whether it's growing and new, where things are expanding and becoming relatively more important, is where you tend to see accumulation of politically relevant fortunes.

Those people who are closely involved in the economic production, when empowered, they where the interventions can make a difference, and that contributes to the creation of breakthrough technologies. Whereas, when the accumulation is happening among generals and governors (like in Roman Empire), these people are making their money from large farms worked by slaves, and they are not really involved and don't know how agriculture works. They are not going to innovate in agriculture, as it's not what they do - they know that the way you get richer is by conquering other nations. Of course, they can be innovative in the military sense then...

2. Disruption-tolerance. You need a culture that is relatively tolerant of new power bases, and people coming up with new ways of doing things on a large scale. It can often be really locally-damaging to the things that are getting displaced. Joseph Schumpeter calls this "the process of creative destruction" -- "you have a new industry coming that works so much better than previous one, such that the old one gets destroyed" (e.g., supermarket displacing the baker and green grocer, and butcher). Nowadays we call this "disruption." This is most obvious in cases of communication technology, where establishment media sources are displaced by newer internet-based media sources. The disruption-tolerance may be low. For example, you can think of Uber as one of the disruptive technologies, but in France, taxi drivers rioted and destroyed the cars of Uber drivers. You don't have that happen in the U.S., as we have more legal tolerance towards people doing new things. It may be even in the law, like, e.g., in the U.S. there is precedent-based reactive practice, -- "You do whatever, and we will later decide if it is good." -- vs. like in Europe "Things have to be defined in law before they are legal."

3. Logic-based culture. A very logical school of thought that's quite prominent in the culture. In order to do very good physical engineering, there have to be enough people who are comfortable with this sort of very logical thought, -- very analytical, so that they can do not just the empirical side, but also the thinking through, doing hypothesis generation to explore consequences. In the modern world, this is something that may be called "scientific materialism", "rationalism" -- which seem to work very well for this. In other cultures that have physical technology you'll see some equivalent of this, e.g., scholasticism, or legalism, or some sort of very logical culture that gives a wide social space for "nerds to get into the weeds." This is more of an empirical claim, but it seems to fit that this is a thing you would need to do the type of large scale engineering, which may be necessary for both incremental and breakthrough technology.


彼らは心理的、さらには遺伝的要素を持っているかもしれません。たとえば、狩猟と農業では、まったく異なる一連の能力を持つ人々を選択した可能性があり、その場合、結果は努力とあまり相関していません(いわばさまざまなアイデアの潜在意識の「調理」に関連しています)。その他の場合、それらは行われた作業量と密接に関連しています。

だから、私は、それはそれらの自然の傾向に多くのことを関係していると言いますが、社会が経済的にそれらに報酬を与える方法についてもそうです。

They may have psychological and even genetic components. For example, hunting vs farming, may have selected people for completely different set of abilities, where in one case, the results are not very much correlated with efforts (more related with subconscious "cooking" of various ideas so to speak), whereas in other case they are closely related with the amount of work done.

So, I'd say, it has a lot to do with those natural propensities, but also, on how society rewards them economically.