People twist

People in different companies across organisations are running according to some plan or set of instructions - how do we change behaviours across organisations and groups to achieve common goals

YAML 問題

Imagine you have a manufacturer and a product that is sold and another company that spreads the product out (often called a distributor). You also have sales companies and shops That's 4 different companies and X number of employees that all need to communicate to marry up their thinking to get the product sold.

What if as an outside investor I want to change the behaviour of a group of people.

I imagine a multidimensional point cloud where each person is a point and each interaction between points is an event. I want to be capable of twisting people into new interactions to provide new services.

If we have the multidimensional data structure and an information case system we can twist people into new transactions by adding new dimensions where dimensions are people and events.

This way we can have an information system that can be adapted in the rules of operation while being used!

Imagine if o2oo problems, ideas and projects are simply different dimensions of a multidimensional and people and data are points. Can define mappings between dimensions for actions and desired behaviours and rules.

If I wanted a company to buy fair trade I could twist fair trade relationships into between relations between manufacturer and suppliers. Or if I need to handle COVID I can twist in some covid handling dimensions.


子カテゴリはありません。

投票 (不必要) (通知しない) (不必要)
ログインしてください。

//各人はポイントであり、ポイント間の各相互作用はイベントです

さて、イベントを時間空間のオブジェクトと考えてください。したがって、物理オブジェクトが質量を持っているのと同じように、距離(またはボリューム)にわたるものの積分であるのと同じように、イベントは私が「tass "、時間の経過(またはスパン)として:イベントの重さ- -計算時間の複雑さがイベントの「味」を説明している可能性があることに気づき、さらに詳しく説明しましたが、LinkedInに関する私のコメントは、会話の相手であるTai Hsu Ph.D.の失踪とともに、目に見えない力によって削除されました。

イベントは引き付けられ、クラスター化されます(そして、これは単なる観察ではなく、地震の余震を予測する数学モデル(つまり、ホークスプロセス)も[うまく機能します] (https://plus.maths.org/content/gangs-and-violence)犯罪を予測するために:それはまたクラスター化します)。したがって、子供がオブジェクトで遊ぶ方法でイベント(およびますます大きなイベント)で遊ぶことを考えることができます。

//外部投資家として、人々のグループの行動を変えたいとしたらどうしますか。

それは正当な願望ですが、社会や人々のグループと遊ぶことは、ランダムな弾力性のボールを備えたビリヤードボードを持っているようなものです(ところで、それ自体がアイデアです)-それは混沌とし、すぐに複雑になります。より簡単な方法は、ボールを水に入れ、それらのボールが浮いている場合は、適切な波を作ってそれらをまとめることです。

// each person is a point and each interaction between points is an event

Well, think of events as objects of timespace, and so, in a similar way to how physical objects have mass, which is an integral of stuff over distance (or volume), events may have something I call "tass", as stuff over time (or span): how heavy the events are -- I realized that computational time-complexity is what may be describing that "tass" of events, and elaborated on that more, but my comments on LinkedIn were deleted by an invisible force together with disappearance of conversation opponent Tai Hsu Ph.D.

Events attract and cluster (and, this is not just a casual observation, but mathematical model (namely, Hawkes process) that predicts earthquake aftershocks also works well to predict crime: it also clusters). So, it is possible to think of playing with events (and increasingly bigger ones) in the way that kids play with objects.

// What if as an outside investor I want to change the behaviour of a group of people.

That is a valid desire, but playing with society and groups of people is a bit like having a billiard board with balls of random elasticity (btw., an idea in its own right) - it gets chaotic and complicated fast. An easier way is to put the balls into the water, and, if those balls float, make appropriate waves to get them together.


販売した製品の修理を提供したい場合は、変更を紹介し、サービスに関係するすべての人とコミュニケーションをとることができます。

または、ケースの受信トレイを変更するサービスとして、修理にひねりを加えることもできます。私は人々の行動をひねって自分のやりたいことをすることができます。

さまざまなプロセスがねじれているため、毎日のプロセスはすべて異なります。

弾力性のあるビリヤードボールについてのあなたの考えは非常に多いです。

If I wanted to offer repairs of products sold I could introduce a change and communicate with all the people involved of the service.

Or I could people twist in repair as a service that causes people's case inbox to change. I can twist people's behaviours to do what I want.

Everyone's processes each day wilt be different as different processes are twisted in.

Very much your thought of billiard balls with elasticity.



    :  -- 
    : Mindey
    :  -- 
    

chronological,

//人々の行動をひねって自分のやりたいことをすることができます。

明らかに、これを達成するための複数の方法があります。

-金銭的インセンティブによるターゲットを絞った需給エンジニアリング -メッセージングモデレーションおよびマスコミュニケーションツール

しかし、最善の方法の1つは、人々が自分でそれを望んでいるようにすることです。実際、2015年に私が考えていたInfinityプロジェクトの内容をここで読むことに興味があるかもしれません。

https://wiki.mindey.com/shared/docs/infinity.pdf

要約:あなたが何かを欲していると想像してください...あなたはそれを定義します。社会はそれを実現させます...公正​​で自発的な方法で。それは無限大です。」

// I can twist people's behaviours to do what I want.

Obviously, there are multiple ways to achieve this:

  • Targeted supply-demand engineering via financial incentives
  • Messaging moderation and mass communication tools

However, among the best ways, is to make people begin to desire it by themselves. Actually, you may be interested in reading what I was thinking back in 2015, of the Infinity project, here:

https://wiki.mindey.com/shared/docs/infinity.pdf

Summary: Imagine that you want something... You define it. Society makes it happen... In a fair, self-motivated way. That's Infinity."


どのようにして人々のグループに同じ方法を使ってすべてのことをさせるのですか。

それらの人々が必ずしも変更に同意することなく。

システムでケースを一方向にしか移動できない場合、どのようにして最高のカスタマーサービスを提供しますか?

あなたは無限に加えて人々がねじれる必要があります。

ある個人は、何かに正義が欠けていることに気づき、人々は他のすべての人を正義にねじります。

How do you get groups of people to all do things the using the same manner.

Without those people necessarily agreeing with the changes.

How do you offer supreme customer service when your systems only let you move a case in one direction?

You need people twist in addition to infinity.

One individual realises there is a lack of justice with something and people twists everyone else into being just.


あなたの「人のねじれ」の概念に関して、あなたが説明しているのは、私が人間の意味空間をマッピングするための基本ベクトルとしての基本的な人間の質問。その意味で、はい、新しい質問や問題がある場合は、問題や質問によって定義された投影超平面に利用可能な現実の画像を投影したいと思います。

あなたが「人のねじれ」と呼ぶものを座標変換として想像するのは正しいですか? (つまり、オブジェクトの視点を変更する場合は、回転行列を使用して、並進または回転の幾何学的変換を行います。

これが「ツイスト」の意味であるとしたら、説明する必要があると思います。世界をセマンティック座標系にマッピングすることで、幾何学的な意味でそのようなことを確実に実行できるようになります(つまり、人やエージェントに適用するために必要な変換に関する方程式を解くことによって質問に答えることができます)。

ただし、技術的には、さまざまな投影を表示するための座標系のこのような「ねじれ」はそれほど安価ではない場合があります。 ML分野で働いている人々は、さまざまな方法(PCAからNNまで)で関心のある特徴を抽出していると言えます。 wikipedia.org/wiki/Artificial_neural_network)s)は、すでにさまざまな投影ハイパープレーンに現象を投影しています。

あなたが話している一般的なアイデアは、質問への答えは、その質問(または問題の問題に対処するために必要なアクションの質問)によって定義された超平面への現象の投影であるというアイデアであると思います。 「ピープルツイスト」は、この推論を、人々とその組織との間の人々の社会的関係を再編成および再制約することに関する問題を解決するために適用する特殊なケースです。それは事実ですか、それとも私は何かを逃していますか?

これは正当な理由だと思いますが、高次元空間で座標系を回転させ、ソリューションの観点から問題を確認できるようにするオラクルの正確な実装は、可能であれば最も役立つでしょう。それらの「ねじれ」を行う機械を作ります。結局のところ、すべての発明、そしてすべての行動方針は、誰かの頭の中の遠近法のねじれとしての一種の投影でした。

Regarding your concept of "people twist", I think what you're describing, is the idea of projection hyperplanes, or vectors, in a similar way that I had talked about basic human questions as base vectors to map human semantic space. In that sense, yes, if you have a new question or problem, you kinda want to project available reality picture into the projection hyperplane defined by the problem or question.

Is it correct to imagine what you call "people twist" as coordinate transformation? (i.e., when we want to change the perspective at an object, we translational or rotational geometric transformations, e.g., using rotation matrices.

If this is what you mean by "twist", I think, you should explain it. Mapping the world into semantic coordinate system should definitely allow one to do such things (i.e., answer questions by solving equations about the transformations needed to apply to people or agents) in geometric sense.

However, technically such "twisting" of coordinate system to see different projections may not be that cheap. One could say that people working in ML field, that are extracting features of interest in various ways (from PCA to NNs), are already projecting phenomena into various projection hyperplanes.

I think the generic idea you are talking about is the idea that an answer to a question is a projection of phenomenon to a hyperplane defined by that question (or a question of actions needed to take to address the issue in question), and the idea of "People twist", is a special case of applying this reasoning to solving problems about reorganizing and re-constraining people social relationships between people and their organizations. Is that the case, or am I missing something?

I think this is a valid reasoning, but the exact implementation of that oracle that rotates the coordinate systems in high-dimensional spaces, to be able to see the problems from the perspective of solutions, is what would be most useful, if you one could make a machine that does those "twists". After all, every invention, and every course of action, was a kind of projection as twist of perspective in someone's head.


はい、すべての人のケースを表す超平面があります(状態はケースよりも正確ではないと思います。そうでなければ、多次元空間での位置です)-彼らがいる場所、彼らが通信している人と対話しているもの、および状態さまざまな情報システム。

私はその人と直接やり取りして、彼らの経験や視点が変わるようにしたいので、そうです、それは並進回転交差点と既存のポイントの移動、そして既存のポイント間の新しいポイントの導入です。

すべての人の位置と他の人とシステム間の相互作用を予測できる場合は、双方向のマッピングを使用して、既存のマッピングを変更することもできます。

その方法を使用して、すべてのカスタマーサービスエージェントに変更を黙って導入して、顧客に異なるサービスを提供することができます。おそらく、注文が入っている新しいステータスで顧客を更新することができます。または、クライアントの高速道路のバンで働く人々に新しいチェックを導入することもできます。サイト。投影を変えたり、新しいものを他のものの間にねじったりすることで、人々に新しい行動を紹介することができます。

Yes there is a hyperplane which represents all a person's cases (I think state is less accurate than case. Otherwise it's a position in multidimensionular space) - where they are, what they're interacting with who they're communicating with, and states of various information systems.

I want to interface with that person directly so their experience or perspective changes so yes it's translational rotational intersections and movement of existing points and Introduction of new points in between existing points.

If you can project all a person's positions and interactions between others and systems you could also have a bidirectional mapping and change the existing mappings.

Using that manner I could silently introduce a change to all customer service agents to service customers differently, perhaps to update customers on a new status that their order is in. Or I can introduce a new check to people working in vans on the motorway at clients sites. I can introduce new behaviours to people by changing the projections and twisting new things into between other things.



    :  -- 
    : Mindey
    :  -- 
    

chronological,

座標変換は、変更後にハイパープラニュラーを中継するために使用されます。

レイアウトエンジンがレイアウト内の画面上のもののためにスペースを予約した方法と少し似ています。双方向の人をねじるシステムは、新しいポイントが所定の位置にねじられた後、ポイントがどこに行くかを認識する必要があります。

特別なデザイナーソフトウェアを使用して、新しいポイントとその関係、インターフェイス、または相互作用と反応を特定し、ねじれたポイントがどこに行くのかを表すクエリを作成すると思います。

Coordinate transformations will be used to relayout the hyperplanulars after a change.

A bit similar to how a layout engine reserved space for things on the screen inside the layout. The bidirectional people twisting system needs to recognise where points go after new points are twisted into position.

I suspect you would use special designer software to identify new points and their relationships or interfaces or interactions and reactions and then write a query that represents where the twisted points go.



    :  -- 
    : Mindey
    :  -- 
    

chronological,

それで、実行中のクエリは、対応する懸念事項の超平面への投影ですか?

So, a running query is a projecting to hyperplane for the corresponding question of concern?


はい。クエリは、既存のポイント間のポイントと関係、およびポイントと位置間のリンクを挿入するために使用されます。

他の会社の他の製品やサービスを単純​​に使用する会社を作成できると想像してみてください。人々はそれらを適切な位置にねじり、同じページですべてが結婚します。

ビジネスは非常に複雑で高度になる可能性があります。

Yes. A query is used to insert points and relationships in between existing points and links between points and positions.

Imagine being capable of creating a company that simply uses other products and services of other companies and people twists them into position so they are all married up together on the same page.

Business could get supremely complicated and advanced.



    :  -- 
    : Mindey
    :  -- 
    

chronological,

さて、このように考えることは多くの社会的可能性を開くかもしれません。ただし、このようなクエリを実行するには、多数の中間的なものを開発する必要があります(おそらく、インテリジェンスコミュニティは、この種のツールの完成品をすでに楽しんでいる可能性があります)。

Well, thinking this way may open up a lot of social possibilities. However, to run such queries, a bunch of intermediary things would have to be developed (I guess: the intelligence community may already enjoy a finished product for this kind of tool.)



    :  -- 
    : chronological
    :  -- 
    

Mindey,

あなたは会社からサービスを受けたことがあり、会社の代表者はその状況に関する会社の方針を知りませんでした。

人々のねじれはそれを不可能にするはずです。

または、政府と取引して問題を解決したことがある場合。払い戻しや税金の整理は苦痛です。あなたが電話をするとき、誰も同じページにいません。

Did you ever get serviced by a company and the company's own representative didn't know of the company's own policy on the situation.

People twist should cause that to be impossible.

Or if you've ever dealt with the government and getting problems resolved. Refunds or tax sorted out it's a pain. Nobody is on the same page when you phone.


制約を満たすために必要なのは、座標系をねじることだけだと言うのは簡単です。すべてのオントロジーと可能な構成(オントロジーの幾何学的プリミティブと複合体)を使用して、すべてをそのようなシステムにリンクすることは困難です。最初に人間と機械語の表現と解釈を解く必要があります。

It's easy to say that all you need to satisfy any constraints, is to twist coordinate system. It's hard to use all ontologies and possible constructs (ontological geometric primitives and complexes) to link it all up to such system. It requires solving human and machine language representation and interpretation first.


あなたが直面していると私が感じているのは、コンピュータシステムで意味を表現する問題です。

人々は自然に英語やリトアニア語などの言語文法を使用して規則を表現します。

高速道路のバンの運転手は、顧客の場所に到着したときに何かをチェックする必要があることをどのように伝える必要がありますか?または、公務員がケースを進める前に別のサブシステムで何かをチェックする必要があること。

企業は通常、この種のことについて覚書、電子メール、および操作マニュアルを使用します。そして、これにはデジタル学習プラットフォームを使用してください。すべてあなたの母国語で表現されています。

ビジネスプロセスが完全にデジタル化され、情報フォームと非常に柔軟なワークフローエンジンに置き換えられれば、自然言語の必要性はなくなると思います。しかし、コンピュータが人、顧客、または従業員が望むほど柔軟でない場合、問題が残ります。

What I feel you're getting at is the problem of representing meaning in a computer system.

People naturally use language grammars such as English or Lithuanian to express rules.

How should the van driver on the motorway be communicated with that he needs to do a check of something when he arrives at the customer location? Or that the government employee needs to check something on another subsystem before advancing the case.

Companies typically use memorandums, emails and operational manuals for this sort of thing. And use digital learning platforms for this. All expressed in your native language.

I think if business processes were completely digitised and replaced by information forms and super flexible workflow engines then the need for natural language would go away. But then you are left with a problem when the computer isn't as flexible as a person or customer or employee would want.


現在の下または後ろにある新しい情報やデータを明らかにするタス通信や時間の風についてのあなたのコメントは、時間の矢の問題を思い出させます。一方向に動きます。

個人的には逆因果律は本当だと思います。効果はそれらの原因を引き起こします。これが、神が多くの問題を解決し、彼の意志を引き起こすことができる方法です。

Your comment of tass or the wind of time revealing new information or data underneath or behind the present reminds me of the problem of the arrow of time. It moves in one direction.

Personally I think retrocausality is true. Effects cause their causes. This is how God could resolve many problems and cause his will.


言語